カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

<間に合った!!>

白い壁にかけると

ドアにかけると

リースの材料を広げたまでは良かったのですが、
ホームページの編集や、旅行のしおりを作ったりと
なかなかとりかかれませんでした。
とりあえず1個だけ
自作の寄せ植え

リボンがいいでしょ?

玄関の寄せ植えを作りツリーを出しました
ツリーたち

玄関を入ったらツリーがお出迎え
chikaさんから、kieちゃんから、次男から・・・
プレゼントされたものや自分で少しずつ集めたもの・・・
点灯!!

毎年点灯は12月1日なのですが、今年は1日早く・・
これからクリスマスまで
イルミネーションを眺めながら夕食です

明日から長崎へ高校の同級生と1泊2日のミニ遠足。

告知のホームページ、旅のしおりの作成。
言いだしっぺとはいえ
私の能力を超えた課題でした。

その上、宴会ぶちょぉから
行きの列車で飲むビールのつまみを
作ってくるようにとの指令のメールが・・・

明日は早起きしてセサミチキンバーと砂ズリのカレー味揚げを作ります
スポンサーサイト

<菓子パン>

コーヒーケーキという名前

一昨日は菓子パンを焼いて実家に行きました。
これはコーヒーに合うパンというのでコーヒーケーキという名前。

途中、同級生の園芸店に明日からの旅行の打ち合わせ。
ここにもお土産に持って行ったら、
帰りにシクラメンをいただいてしまいました

バターロールの生地を四角にのばし
シナモンシュガーをふり、くるみやレーズンをのせたら
端からくるくると巻き、ナイフで好みの大きさにきります。

天板に並べて40分発酵させたら、
180℃で15分ほど焼きます。
冷めたら、粉糖を水で溶いたアイシングをかけます

<急がなきゃッ>

さぁ 頑張るぞ!!

のんびりしていたら今週末はもう12月!!
クリスマス準備を急がないと間に合わない
リースの材料を広げてみました。
しばらくラテは和室への立ち入り厳禁です

今年は松ぼっくりを採りに行く時間がなくて・・・

<野性味あふれる・・・>

実家の近所に養鶏場があり、
生みたての卵を毎週買いに行きます。
生みたて♪

この卵はちょっと小さめ、ひな鳥が生んだものだから・・
割ると、白身がぷっくり盛り上がっています。
ここの卵は岩田屋の地下の
「前原クンの野菜たち」のコーナーにもあります。
オーナーは幼なじみのお兄ちゃん。
養鶏家暦もかなりです。信頼しています。
なんで魚の形?

酢モツ

今日は鶏も買って来ました。
新しいので刺身で食べます。
私、魚もおろせますが、鶏もさばけるんです!!
モモ肉、ムネ肉、ささみ、肝、ハツ、砂ズリ
2羽分ですが、5人でペロリ
玉ヒモは酢モツにしました。
つがに


更に 実家の母もお餅や野菜を出してる「雉琴の市」では
「つがに」を見つけました。
モクズガニですね。10匹で千円・・・
安いのか高いのか
活きが良すぎて、洗うのも鍋に入れるのも大仕事
鍋に水と少しの薄口醤油を入れて火にかけます。
カニの味を生かして薄味に炊きます。

生きたまま火を通すので結構残酷なシーンです。
食べるという行為は命をいただくことなんだとあらためて思いました。

<バーダー>

これで私もバーダー?

働いたお給料で少し早い自分のための
クリスマスプレゼントを買いました

野鳥図鑑と双眼鏡、バードハウスの素敵な本
図鑑も双眼鏡も小さいのでいつもバッグに入れて持ち歩き
バードウォッチングを楽しみたいと思います。
これで私も一人前のバーダー!?

今津の干潟が野鳥観察にはとても良いそうです
バードフィーダー、バードハウス・・・いろいろ準備して
この冬は我が家のベランダや庭でも
野鳥を見たいと張り切っています

<小春日和の一日>

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展に行ってきました
美術鑑賞

美術、芸術に疎い我が家ですが、
教科書で学んだ画家の作品展は出かけてみようかな・・・と。

山口県立美術館は 何年か前にピカソ展も観に来ました。
パークロード


美術館の近くはパークロードと言い、
道路も含めて全体が公園のように造られています。
ゆっくり散策したい素敵な通りです。
山口県は 何年か前に
(はっきりいつと言えないほど年を重ねました
Kumiとパックツァーに参加してから、大好きな街です。
今も防長バスのバスガイドさんの
素晴らしい案内が忘れられません。
もう一度あのガイドさんのバスで
山口をまわりたいと思っています。

ピカソ展の帰りに寄った回転寿司のお店が良かったので
そこに行くのも楽しみで出かけたのですが、
残念ながらなくなっていました
花子という名前で喫茶店のようなとんがり屋根に白い壁という
不思議な建物の店でしたが
我が家の近くの大きな回転寿司屋より
はるかに良かったので感激したのでした

出かけるのも遅く、
美術館でもかなり時間をかけたのでみんな腹ペコ
とりあえず食べよう!!と入ったのは
外観はファミレス、料理は和食という、やっぱりミスマッチなお店。
しかしここも美味しくて、安くて、ボリュームもありで・・・
「みほり峠」という、ネーミングも不思議なお店でした。
ますます山口が大好きになった私です。

Chikaさん、ご存知だと思いますが
中原中也記念館も近くにあります。
お約束の「河豚と温泉と中也の旅」を実現させましょうネ

<素敵なビオコリドー>

素敵なビオコリドー♪

毎日六本松から往復歩いています
朝は九大から裏道を通ってレストランジョルジュマルソーの横に、帰りはその逆を歩いて・・・
見上げるような坂道、階段だらけ。
行きはフウフウ言いながら帰りは転がりそうになりながら
可憐

いくつ咲いてるのかな?

でも その裏道はとても素敵な小道なのです
手入れの行き届いたお庭、おしゃれなエントランス、
いいなぁってため息をついてしまう私好みの建物、庭木、草花・・・
毎朝毎夕歩くのが嬉しくて楽しくて
今はこんな可愛い花も咲いてます
あと少し

紅葉と黄葉

今年の夏は残酷暑が続いて秋の訪れが遅かったので紅葉も黄葉も遅れています。
これは九大キャンパスのイチョウです。
毎日少しずつ色が変わるのが嬉しくて 歩くのがとても楽しみ

<クリスマスの準備>

幼稚園に

これは我が家の子供たちが卒園した幼稚園に毎年届ける杉の枝。
キリスト教保育の園なので、クリスマスは大切な行事
ホールに大きなクランツを作るのに使われます。
足りるかな?

これは私が毎年作るリースに使うツル。
時間がたつと固くなり思うように作れないので、
採ったときにある程度形を決めておくようにしています。

毎年、実家の山に両親と一緒に入り、
二人に手伝ってもらいながら集めますが、
リースを作り始めた頃は「こんなもの何にすると?」と聞かれました
今ではリースに使えそうな実を集めてくれていたり、
どこら辺に材料になりそうな植物があるかチェックしていてくれたりします

子供の頃は厳しい両親でしたが、
今はこちらが戸惑うくらい私に甘い二人で 
毎年の恒例行事は私に彼らの娘であることの幸せを
改めて実感させてくれる一日でもあります

そして、1年ぶりに山に入った我が家の天然犬ラテは、
「ワン」と吠えると「ワン」と返るこだまに
 「誰か友達がいる!!」って思ったらしく
尻尾を振りながら いつまでも吠え続けていました
定番ケーキ


お土産にいつものケーキを焼いて持っていきました
お酒を飲む父は甘いものなんか食べないと思ってたら、
近頃は食べるらしいンです驚きです!!
だから実家に行く日は必ず何かケーキを焼きます

<☆三男の朝食☆>

元気でるかな?

今日は今からバスケットの試合に出かけます
試合の時間が変更になったとかで大急ぎ

温めたフランスパンにチーズ、目玉焼き、チキンソテー、トマト、サニーレタスをはさみ 
食べるときにマヨネーズをかけて。
このサンドイッチ三男の友達にも好評デス

<料理写真の上手な撮り方は?>

ぶり大根

ぶり大根;ぶり大根は、大根を先にゆでて柔らかくしてから、
ぶりの煮汁にゆで汁と一緒に入れて煮ました。
大根は柔らかくなるのに時間がかかります。時間がないときは柔らかくない味のしみこんでない煮物に仕上がる恐れ有りです
ミルク煮?

白菜とベーコンのクリーム煮;白菜とベーコンに強力粉まぶし
 バターで炒めたらコンソメキューブ1個と水を加えて煮る。
牛乳とチーズを加えて塩コショウで味を整える。
本当は生クリームが良かったけど買い置きがなくて・・・

三男がスパゲティを入れたら美味そうって言ったので
急遽パスタをゆでて和えたので写真とは別の料理になりました。
メカジキなんだょ

メカジキのソテー;塩コショウして、強力粉をはたいたメカジキをオリーブオイルでソテーしたら、
バルサミコ酢を加えて少し煮詰める。
バルサミコ酢は癖になります♪

それにしても料理の写真が上手く撮れないのが悩みです。
写真部の部長!!教えてくださいよッ

<若い友達の作品展>

DMが届きました☆

若い友達の絵の展示会に出かけました
友達って勝手に言ってますが本当は同級生のお嬢さん
私のケーキを喜んでくださり、我が家でケーキ教室をしてから 時々メールをしたり、
今回のように展示会のご案内をいただくと出かけて行きます。
若い才能!!

柔らかなご本人の雰囲気とは違って 
作品はダイナミックで強いイメージの作風だなと 感じています。
7名の若い芸術家たちの展示会  元気をもらいました

<クリスマスまでの・・・>

DSCN0700.s.jpg

ハロゥインのあとの玄関。
義父母のセレクトの花たちです。
SALLYらしくアレンジしてみました。
義母は以前、「造花の方が枯れなくていい!!」と言ってた人でしたが 
同居するようになったら、生花を良く買ってきてくれます。
DSCN0696.s.jpg

また、通りすがりの知らない方から突然お花をいただいたりということも良くあります。
今年のお正月はセンリョウを抱えきれないほどくださった方がいて、
どなたなのか お名前を聞きそびれたそうで・・・
DSCN0699.s.jpg

ドーナツを立てたような花器はずっと前、MARIKOからのプレゼント
背の高い大きなガラスのフラワーベースは
今年の誕生日に自分で自分にプレゼント♪って買ったもの

<弾けてきました>

フジッキー♪

ぶちょお~
フジッキーのライブです
今年はドラマが多くファンとしては嬉しい年でした
曲に振り付けがあり、会場はひとつになります
ストレスも悩み(あるのか?ンなもん)もぶっ飛びましたぁっ

<煮豆♪>

金時豆

煮豆を良く作ります。
デパ地下で砂糖を絡めたように仕上げてあるのを見て真似てみました。

豆;一袋(250~300g)  
砂糖;豆の半分(125~150g)

豆は鍋にいれ、たっぷりの水につけて一晩くらい置く。
鍋を火にかけ沸騰したら水を差し(びっくり水)、
再び沸騰したらザルにあけて水にさらしてアクを抜く。
再び鍋に戻し、ひたひたより多めの水でゆでる。
途中で水を足して豆が水から出ないように。
一粒食べてみて柔らかくなったら、砂糖を加える。
固いまま砂糖を加えると、あといくら煮込んでも柔らかくなりません。

火を止めて冷ましながら味をしみこませる。

冷めたらザルにあけ、煮汁だけを鍋に戻して煮詰める。
鍋のそばにいて焦がさないように。(実はワタクシ焦がしました)
水あめ状になったら豆をもどして絡めて出来上がり。
箸休めに、お茶受けに、お弁当の一品に・・・
トーストにホイップクリームとのせたら名古屋カフェ菓子パンの生地に練りこんで焼けば、豆パンが出来ます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。