カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

Happy Birthday

プレゼントが・・・

本日53回目のMyBirthdayです
52歳はブログを始め、生物の面白さ(特に野鳥)に目覚め、
かなり充実の1年でした

今年はどんな1年になるかワクワクしています
長年温めている人形の服やお家作りを始めたいな
去年kieちゃんにニューヨークでバービー人形を買ってきてもらったんです
先日すっごく素敵な、バービーのドレスや小物の本を見つけたので買ってこなくっちゃ

50歳を過ぎたら「誕生日は親に感謝する日」と教えてくれた方がいます
だから今日は母に赤いチューリップを届けてきました
たぶん母の中の私のイメージは「赤い女の子」だと思うので・・・
「ありがとう」って言える両親が健在なのが幸せです

今夜は手巻き寿司だよぉ
年末にいただいたヴーヴクリコのイエローラベルを開けてお祝いだぁ
スポンサーサイト

<庭に来る野鳥たち>

ヒヨドリです

今日は曇りで肌寒い日ですが、
野鳥たちは朝から入れ代わり立ち代りやってきます
昨日りんごも刺しました
メジロちゃん

他にはひまわりの種、あわやひえのミックス、ケーキのくず、胡桃を砕いたもの・・・
あと、シジュウカラのために牛脂も用意するのですが、
どうもカラスが持って行くみたいで本を参考に別の方法を思案中

昨日帰宅すると
「ヒヨドリじゃないきれいな鳥が来てたよ♪」
と夫が報告するので、もしやキレンジャク?と喜び

野鳥図鑑を開いて「これ?」と聞くと
そんなにきれいじゃなかった・・・とのこと
あぁ どんな鳥がきたのか気になる気になる

「庭に来る野鳥」という本によれば
20種類くらいの野鳥が来るようになるらしいのです
我が家も昨シーズンはヒヨドリとメジロだけでしたが
スズメ、ウグイス、ジョウビタキと増えました

ところでmariko’s papa!!
私のデジカメはこんなドアップも撮れて、
ご指摘の露出調整も可能な優れた奴でした(*^_^*)
使いこなせないでいる私のせいで、デジカメに罪はないのです

<さッ寒い!!>

簡単だけど・・・

ちりめん昆布入りおにぎり、ブロッコリーの天ぷら、エビしんじょ
ダシ巻き卵、味の素のエビシュウマイ、ミニトマトのおべんと

全国的に寒さが厳しい毎日ですが
歩くと体が温まってすごく元気になります
iPodで英会話を聞きながら英語のお勉強
ダイエットの効果も期待して・・・

でも歩くってそれだけで気持ちよくて
自分の気持ちが前向きになるのを実感します

世の中にはすごい人がいっぱいいて
仕事と家事を20年以上も続けた佐々木氏や
昨日の夕刊のすごい女性・・・
「素ッ晴らしい」と思う反面

それに引き換え私は・・・という思いで凹むのです
そんな低いテンションを歩くことは吹き払ってくれます
出来ることを丁寧にやろう、真面目にやろう、
私ならではのことを見つけよう・・・って

私に出来ることは「笑うこと」かな?
いつも元気で笑っていたい

<すごい!!>

今朝の毎日新聞の生活面に
「仕事と家事 両立の極意」
という記事を見つけました

東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏(63)は
自閉症の長男(35)と40回以上入退院を繰り返した妻(62)の
世話をし、家事を一手に引き受けながら、
同期トップで取締役に出世した

両立には徹底的に計画と効率を考えることが大事

東京ー大阪間を6度も転勤
子供3人の朝食、弁当、夕食作り・・・・
(体験談をまとめた「ビッグツリー」を06年6月出版)

読んでいてすごく元気になりました
一日24時間同じように流れても
活用次第で充実の日々になるものだと・・・

<煮豚・煮卵>

mioちゃんのリクエストに応えて
豚バラブロックを使ったレシピです
まず材料を用意してください
豚肉ブロック、白ねぎ、茹で卵、生姜、ニンニク、紹興酒
出来上がり

「煮豚・煮卵」
このまま食べてもラーメンの具にしても・・・グゥ・・・
準備して

白ねぎは豚肉を茹でるのに青い部分を使います

白髪ねぎも作っておきましょう
出来るだけ細くね♪ 水にさらしてから保存容器に

白髪ねぎを作るときに出る芯の部分は
小口切りにして保存容器に入れてサラダ油を注ぎ
ねぎの油漬けにしておきます
これは茹でた野菜や豆腐にトッピングして醤油をかけて食べたり
炒飯を作るときに使ったり重宝します
さぁ始めましょう

まず茹でます
豚肉が浸かるくらいのたっぷりの水に、ねぎの青い部分と
生姜1かけ、ニンニク1かけ、豚肉を入れて火にかけます
沸騰したら、火を弱めてアクをすくいながら
約30分~40分茹でます
グツグツ・・・

煮豚を作ります
別鍋に醤油1カップ、紹興酒2分の1カップ、
豚肉の茹で汁1カップ、ニンニク1かけを入れて沸騰させ
茹でた豚肉を入れて転がしながら10分ほど煮ます
グツグツⅡ

ゆで卵も同じように転がしながら煮ます

熱々を厚めに切って食べるのが一番のオススメですが
冷めてから薄くスライスしてポン酢で食べるのもグゥ・・・
煮汁をタレにしても良いです

ラーメンの具に、炒飯の具・・・使い道色々です
ラーメンには煮汁を煮詰めて鶏がらスープでのばして
美味しいスープの出来あがり

温めなおすとき蒸し器で蒸すとふっくら柔らかくなって
すごく美味しい

作る手間は一緒、まとめて作って冷凍しておくと重宝しますょ

<春財布>

一目惚れ♪

お財布を買い換えたくて年が明けるのを
待っていました
秋に買うと「空き財布」になると聞くので
春に買って「張る財布」です

これは1年前に見つけて一目惚れ!!
でも白いから汚れも目立つだろうな・・・と
ためらって買わずにいました
でも他に色々見て回ってもこれ以上のものは
見つかりませんでした

年が明けて出かけたらまだありましたが
店頭にあるだけで、すでに汚れが目立つのです
価格も定価のままで・・・

あきらめて他の店を見て回ったら
なんと半額!!で見つけました
しかもほとんど汚れていない即買いです

柔らかい皮で丸くて
お買い物をするたびすごく幸せな気分になります
妥協しなくて良かった

<新年会>

春・春・春

同級生「24の会」の新年会
ちょっと早いけど「春ぅ~」ってイメージにしたかったので
ピンクを効かせたテーブルセッティングです
お皿も淡いピンクの花が描かれたものを選びました
菜の花

春巻き

お料理も菜の花のお浸し、生春巻きなど春を意識して
スパークリングワインで乾杯したら宴の始まり~
1月生まれが3人いたので
「お誕生日おめでとう」も・・・

料理は他にカプレーゼ、煮豚煮卵、イカリングフライ、
手羽先のオーブン焼き、エビホタテのエスカルゴ風、
スズキの香草焼き、蒸し牡蠣、チキンカチャトーラ、
エビのトマトクリームパスタ、
苺のショートケーキ、洋梨のキャラメルタルト

<春が待ち遠しい♪>

芽が出てる!!

昨年11月、アートグリーン(社長は同級生)に
http://www.ataraxia.jp/artgreen/
旅行の打ち合わせに行ったとき
チューリップとアネモネの球根を買いました
植木鉢に土を入れてチューリップを並べ
更に土を入れたらアネモネを並べ
芽が出るまでさびしいのでオキザリスを植えました

アネモネの芽が出てきました
チューリップはもう少しあとでしょうね楽しみで
野鳥のために・・・

枯れ木にみかんの花?・・・
野鳥のためにみかんを枝に刺しています
メジロ、ヒヨドリ、スズメが毎日やってきます
もう一種違う鳥が・・・ウグイスかな?
先日はジョウビタキもやってきました
今年はシジュウカラを見かけません
シジュウカラ用に脂身も吊るしているのですが

巣箱を作ってかけたら営巣してくれるかな?
リビングから野鳥を眺めていると
幸せな気持ちになります
暖かくなって花が咲き乱れるころが楽しみです

<休日のお昼ごはん>

休日のお昼は・・

冷蔵庫の食材を使ってお昼ご飯「チキンライス」
冷蔵庫には
薄く塩を振った鶏モモ肉、半割りにし種をとったピーマン
トマト缶2個とソフリット(作っておくと便利を参照してください)を
フライパンに入れてグツグツ煮込んだトマトソース
みじん切りのパセリ、茹でた人参など・・・

まず鶏肉とベーコンを炒めて ピーマン、玉葱、人参を加えたら
トマトソースをいれて塩コショウで味を整え水分をとばす
温かいごはんを加えてまんべんなく混ぜて皿に盛る

別のフライパンでトロトロのスクランブルエッグを作り
チキンライスにのせる(卵はトロトロがお約束!!)
バナナブレッド

更にデザートを用意
バナナが熟してしまったのでバナナブレッドを焼きました
器は赤木明登さんの漆器です

バターケーキは混ぜていくだけなのでカンタン
1、薄力粉300gベーキングパウダー大1はふるっておく
2、室温に戻したバター140gを泡だて器で練り
  グラニュー糖200gを加えて白っぽくなるまですり混ぜる
3、軽く溶いた卵4個(200g)を3~4回に分けて加え
  そのたびによく混ぜる
4、つぶしたバナナ200gを加え混ぜる
5、薄力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜる
  生地が固いようなら牛乳で調整するとよい
6、型に流して180℃の35~40分焼く
  7cm×20cmのアルミの型に約290gずつ4個分でした

食べるとき軽くあわ立てた生クリームを添えても・・・

<冷蔵庫の食材を使って>

牛筋煮込み

今夜は牛スジ煮込みです
牛スジは赤身が少ないものがあれば買います
茹でて酢と薄口醤油で和える酢の物も美味しい
(七味唐辛子と小ねぎを必ず入れる)

カレーもいいなと迷ったんですが
煮込みにしました

こんにゃくは味がしみやすいように手でちぎります
最後に春菊を入れてさっと煮て添えました
ロール白菜

ミンチを買ってきたらハンバーグの種を作ったり
生姜のすりおろしを加えて甘辛くそぼろを作ったりします
ハンバーグの種があれば
ハンバーガーも食べられるし
ピーマンの肉詰めや茄子のはさみ揚げなど
すぐに作れます

朝のお弁当にも使えるし
ランチのお助けメニューにもなります
今夜はロール白菜にしました
キャベツより茹でたり巻いたりがカンタン
コンソメキューブであっさり仕上げました
ベーコンからのダシも出ます

そぼろも使い道が多くてお役立ちの一品

<お昼は麺かな?>

<鴨ラーメン!!>

中華街で買ったエビ麺がまだ残ってたのでお昼にたべることに
スープ付きだけど、もっと美味しく食べたいので鴨を使ってみました
1、麺を固めに茹でておく
2、鴨を生姜のせん切りと一緒に炒める
3、分量の水を加え、添付のスープを溶く
4、沸騰したら貝割れ、麺を加える
5、器に盛ったら せん切り人参をトッピング
タイの麺です

この麺はKieちゃんからのタイのお土産
残念ながら袋の文字は現地語
白い袋はBEAN THREADとあるので春雨ですね
赤い袋は黄色い麺で原材料名は現地語
かろうじて茹で時間の7min.だけが理解できました

茹でてみたらこちらも春雨かな?
(カロリー表示は英語表記もあるんですが)
エスニック麺

茹でたら黄色は薄くなりました
牛スジを茹でたスープを使って
エスニック風に仕上げてみたんです
香菜の代わりはセロリの葉を刻んで、味付けは塩と醤油で・・・
ナンプラーを切らしてたのが残念

牛スジをトッピング、食べるときにラー油と酢をまわして
酸っぱ辛いエスニック麺ができました
次はトムヤムクンスープを使って作ってみよう

<ジャム>

ジャムはトーストに塗るだけでなく
紅茶に入れてロシアンティとしても楽しめます
私はチャツネの代わりにカレーに入れます
豚肉を煮込むときに甘みとしても使えます

手作りのジャムだけでなく
いただきもののジャムで好みじゃないときなど
料理に使うと良いですね

<もう一人>

懐かしい人からコメントが・・・
対馬時代の次男の幼稚園の同級生Yayoiちゃんです
こちらもお母さんとずっと年賀状のやり取りが
続いています
やはり当時のレシピを持っててくださっているそうです
感激です
いつかみんなで集まりたいですね
新しいレシピでおもてなしをしたいと思います

<さらに整理整頓キッチン編>

庫内はすっきりと

冷蔵庫は比較的すっきりしているほうだと思います
「これいつのもの?」ということはありません
旭化成のCMで「日付が昭和です」と
干からびた食材が出てくるのがありましたが
ありえない話です

時々は空っぽにもします
野菜も一目瞭然に

以前も書きましたが、食材を買ってきたら
保存容器に移し替えます
野菜は出来る限り「せん切り」「薄切り」「角切り」などに
更に茹でるなど手を加えて保存容器に入れておきます
解凍するときのことを考えて

天神に出たら美味しいフランスパンを買ってきます
(今の一番のお気に入りは大丸のメゾンカイザー)
四つに切り、切込みを入れてアルミホイルに包み冷凍庫へ
こうしておくと食べたいときそのままオーブンに放りこんで
温められます
冷凍用

鯵が安かったのでまとめ買い
半量は当日刺身で、半量はフライの衣をつけて冷凍庫へ
買い物に出られないときや、あと一品・・・というときに助かります
やっぱり大好きフランスパンサンド

オーブンで温めたパンにベーコンソテー、目玉焼き、
スライスチーズ、レタス、せん切り人参をはさみ
マヨネーズをかけて・・・大好きな定番サンド 
定番の仕様変更

朝の慌ただしい時間にお弁当を仕上げるにも
冷蔵庫の一手間かけた食材がお役立ち
牛肉とごぼうの旨煮、ウィンナーとカリフラワーのチーズ焼き、
ダシ巻き卵、自家製シソ梅干
CMを見てたら・・・

テレビのCMを見ていたら蕪のシチューが食べたくなりました
手っ取り早く作りたくて
クノールカップスープ2袋を使いました
茹でておいた蕪、カリフラワー、人参とベーコンを
少量の水で煮込み、カップスープを振り入れたら
仕上げに牛乳と溶けるチーズを加える

出来るだけ冷蔵庫や冷凍庫が空になるまで
新たに食材を買い込まないようにしています
子供たちが育ち盛りのころは
買っても買っても食べてしまいましたが
大人ばかりの家族構成では量はそれほど要りませんから

食材の問題点は乾物や缶詰、調味料・・・
これについては次回に

<整理整頓キッチン編>

MOTTAINAIの最たるものは食べ物ですね
さすがに捨てるのは後ろめたくて、気がとがめます
りんごとキゥイで・・・

果物はジャムにするのが一番
お正月用に用意したりんごとキゥイを使いました
1、果物は皮を剥いて、小さく切り重さを量る
2、ステンレスの鍋に果物と、半量のグラニュー糖を入れる
 (果物が100gならグラニュー糖は50g)
  りんごや苺にはレモン汁を加える
3、半日ほど置いておくと砂糖が溶けて水分が出てくる
4、火にかけて、沸騰したら少し火を弱めて煮詰めていく
5、濃度は好みで・・・
  ゆるめに仕上げて
  アイスクリームにかけて食べると美味しい
アップル・シナモン・トースト

トーストしてバターを塗ったパンに
りんごジャムをのせ、シナモンシュガーをふり
バターを小さくちぎってのせたら更にオーブンで1~2分焼く
小腹が空いたときや、甘いものが欲しいときにオススメ

<整理整頓>

新年から大掃除してます笑ってしまいますね・・・

去年、映画大好きChiemiさんが遊びに来てくれたときの一言
「社宅のときはモノがなくてすっきり暮らしてたのに
この家に移ってからモノ増えてるよね・・・」

次男の、帰省するたび発する冷ややかなコメント
「所帯じみた感じがする
せっかくの坂本さんの設計が台無し

何より私自身が「こんなはずじゃなぁ~いッ」という思い
不要なモノに場所を占拠されて、動きが鈍くなるのも気になります
巷には掃除力、捨てる、整理、等々の本
反面「MOTTAINAI」の嵐

若い頃「決める!戻す!捨てる!」と上司に教えられました
捨てるはかなりのエネルギーが必要です
つい、「もったいない」「何かに使えるかも」「いつか必要かも」
と思ってしまう・・・
私も少しは学習します、衝動買いはしなくなりました
とりあえず「何かに使えるかも」と「いつか使うかも」は処分

社宅時代、転勤で引っ越すときトラックの荷台に
荷物が半分という状態で驚かれたものです
引っ越した翌日には荷物は所定の位置に収まり
通常の生活ができました
その時代に戻らねばッ

来週の土曜日には同級生「24の会」の新年会を我が家で予定(決定だょッ)
その前に不用品の処分を急ぎます

<癒されてきました>

ヒーリングルーム「ゆらら」に行ってきました
Kieちゃんに教えてもらったベッド1台、セラピスト1名の
小さなリラクゼーションサロンです

今日もゆっくり130分「ゆららコース」を受けてきました

☆顔、頭、耳のリフレ
☆デコルテ(胸元~首筋)、首・肩・背中・腰・二の腕のアロマトリートメント
☆腕~手、太もも~足首のパウダー&オイルリフレ

うっとり気持ちよく途中眠ってしまいました

本当は年末に行きたかったンですが
さすがに年末の主婦にそんな時間の余裕はなく・・・

年末年始の疲れを癒しに出かけてみませんか
カフェSallyの紹介ですって言ってください
10分の施術延長サービスが受けられます
予約してお出かけくださいね

ヒーリングルーム ゆらら
092-328-1798(友納)
yulala-lingkaran-spica.226@docomo.ne.jp
〒819-1322 志摩町御床1152


今日私が受けたゆららコースは通常1万円ですが
お正月サービスで今日は9千円に
それと今月私は誕生月なので吸い玉療法が無料でした

メニューは他にもパウダーリフレ60分4千円~
色々用意されていますからお好みと時間の余裕で・・・

<明けましておめでとうございます>

お屠蘇気分も抜けましたね
新しい年には新しいエネルギーがいっぱい
今年も元気なカフェSallyで弾けますッ
蕎麦三種

年越しは「瓦蕎麦」「鴨せいろ」「にしん蕎麦」で
新春の・・・

新しい年はちょっとお行儀良く

年賀状にブログのことを書いたので
幼なじみの初子ちゃんと
対馬のときの長男の同級生のめぐちゃんから
コメントが届きました

初子ちゃんとは小学生のときふたりで毎日漫画を書いていました
「りぼん」や「なかよし」の牧美也子先生、西谷祥子先生を真似たり
ストーリーを考えたり・・・
教科書やノートにいっぱい書いて
「帰りの会」でいつも言いつけられていました

めぐちゃんはお母さんとずっと年賀状のやり取りを続けています
対馬時代の私の料理教室(とは言えないほど拙い・・・)の
レシピを全部持っていてくださったそうでびっくりすごく嬉しいです

人との出会いの素晴らしさ、不思議さ、温かさを
これからも大切にしたいと思います

今年も好奇心のアンテナをいっぱい立てて
いろんなことを見つけて楽しみます
皆様もカフェSallyにお付き合いくださいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。