カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

<ラテの日々>

金曜日、おばあちゃんは銀行へけな気です
なぜ今日は連れてってくれなかったのかなぁ・・・。まだかなぁと玄関で。
(フラッシュをたいてしまったので暗くなりました
土曜日、お父さん(夫)は待ってる・・・
お仕事じゃないのに(だってスーツじゃなかった)出かけてった(実は床屋)
待ち遠しくてまだかなぁ
玄関でひたすら待ち続けるけな気なラテの姿。ドアの外の気配をずっとうかがっている。

小さい頃は置いていかれるのがイヤで狂ったように泣き叫び
帰ってくるまで玄関のドアの前で切なく鳴き続けてたけど
とりあえず連れて行ってもらえない時があることは理解できるようになった。

しかしこの状況、おばあちゃんとお父さんにだけ・・・なのだ。
なぜ!!家族は他にもおじいちゃん、お母さん(私)、お兄ちゃん(三男)もいるんだぞ!!

日曜日、8月最後の日、ラテを連れて今日も海へ行く。
気持ちよさそう浅いから平気
砂浜に流れ込む川を気持ちよさそうに渡るラテ。
この夏ですっかり水は楽しいものになったみたい

桜井の海辺、芥屋の海水浴場横で存分に遊び
今宿のペットサロン「ガルル」で月に一度の美容コース。

私は相変わらず貝殻拾い・・・
クリスマスオーナメントを作ろうかなと思ったら数が必要で
スポンサーサイト

<今朝のカフェSallyは・・・>

予定通り名古屋カフェ?
マーガリンを塗ったトーストに金時豆と砂糖を入れないホイップクリーム
金時豆の甘さと生クリームのコク、マーガリンの塩味が不思議に美味しい。
三男には甘いパンは否定されそうなのでボリュームあり!!
ナポリタンとチーズたっぷりの ピザのようなトースト
で、お弁当にもいつも似たようなお弁当で・・・
ナポリタンが・・・。鶏の雉焼き、ピーマン、卵焼き、煮豆、ミニトマト、シソ昆布。
ご飯は今日も雑穀入りでチョット健康的に。

<久しぶりに・・・>

お弁当のアップを・・・
今日は雑穀入りご飯
塩鮭、がめ煮、卵焼き、金時豆の煮豆、シソ昆布、雑穀入りのご飯。
(三男はシソ昆布と塩鮭のおにぎりを2個ずつ)

煮豆は甘いものが好きな夫にはウケが良い
明日の朝は生クリームと煮豆で、名古屋カフェトーストにしよう

<海辺でランチ>


月曜日にmioちゃんが夏休みで帰って来たので、昨日「ゆらら」にご招待
静かな空間で雨の音を聞きながらのリラクゼーション。
とても喜んでもらえて・・・ご招待のしがいアリ
その後ランチにディッシュプレートランチ
二見が浦のサンセットでディッシュプレートランチ(1,160yen)

<標本っぽく>

デパ地下で買ったお惣菜のパックが貝殻を並べるのにピッタリ
標本っぽい?Ⅰ標本っぽい?Ⅱ
先日の福吉の海辺で拾った貝殻やホネなど・・・
右の写真の上の段真ん中、チューブが渦巻きみたいな形のこれも貝で名前はミミガイ

こちらは三男とeri ちゃんが標本っぽい?Ⅲ
山口の角島で拾ってきてくれた貝殻。真ん中の細長いものも貝のよう

長男が小学生のときに買った図鑑ではわからないものも多い。
図鑑を買いなおさなければ・・・
分布や新しい種など図鑑の内容も大きく変わっているようなので。

<映画鑑賞>

先週は「ベガスの恋に勝つルール」を、昨日は「SEX AND THE CITY」を観た
映画大好きchiemiさんのおかげで新しい映画の情報が入ってくるので嬉しい

「ベガス~」はキャメロンがキュートで、映画館を出たら
すごく元気で前向きなワタシがいた
アメリカらしいジョークや 底抜けの明るさがあふれていて楽しい映画だった

昨日の「SEX~」は期待していたのと違ってた
キャリーのアシスタントの女の子がすごく良かったけど
他はチョット違和感があって・・・
テレビドラマも観ようと思ってたけど、もういいかな。

次は「幸せの1ページ」「私がクマにキレた理由(わけ)」「P.S.アイラヴユー」だッ

映画の中の食べ物や食器、家具、花なども映画を観る楽しみのひとつ

<今日も貝拾い>

福吉の海波高し ザッブーン
風が強くて白波がたっているけど ラテは楽しそう
砂浜に顔をうずめたり、転がったり

そんなラテは夫にまかせ、ワタシはひたすら貝殻を探す

今日の収穫いっぱい いっぱぁい 貝
ヒトデを見つけたいと思ってたら、見っけラッキー

自然に出来た魚の全身骨格も、カンペキなカニも・・・

ここはちっちゃな赤ちゃん貝が多いな・・・そう思いながら
5ミリくらいのイガイやウニの殻もたくさん拾う

岩場があるのでヨメガカサとかも多い。
これは対馬では片貝といって醤油で煮た缶詰を売ってた記憶が。

タカラガイの幼貝と思われる貝も見つけた

だんだん増えていく貝殻や漂着物etc・・・(たぶん当分熱は冷めないとミタ)
これらの行く末を思案中
ハロゥイン、クリスマスリースに使ってみる  かな

<山口へ>

アーキスタジオ・テン坂本氏の新しい物件を見に出かける
S邸へのお土産にお土産 出来たッ
カフェ「SALLY」の定番、ソフトフランスとチョコレートケーキ、洋梨のタルト

まわりの緑も取り込んでとても素敵なお家の完成
カメラに撮るのを忘れてしまい・・・ザンネン

行きはめかりPAで休憩向こうは下関
向こうは下関。近いなぁ・・・と。
おにぎりdeお昼
ラテも一緒に出かけたので食堂に入れず、おにぎりdeお昼ごはん
帰りは壇ノ浦PAで休憩向こうは門司
関門海峡を眺めて どちらのPAもたくさんのお客様ロケーションが良いからネ

<調理実習 完成品>

午後からの、ものすごい雨を眺めながら
タルト生地を作り、チョコレートケーキのスポンジを焼き
蛸を茹でたり鰯をおろしたり・・・と

鰯は香草焼きに鰯と蛸を一皿に
蛸は強力粉をまぶしてフリットに・・・熱々をほおばる

冷凍庫のグリーンピースを使って冷たいスープ♪
冷たいスープを作ってみたら なかなか美味しい
暑い夏にはぴったりのメニュー(今日は涼しかったけど(^^♪)

ケーキは明日のお土産に使う予定
アーキスタジオ・テンの坂本氏の新しい物件(山口県)が完成し
土日にお披露目のオープンハウスがあるので出かけます

<夏休み課題 調理実習♪>

目についた食材を食材の一部
思いつくままカゴに入れて買ってきた

タコはやっぱり買ってしまう・・・今日はフリットパン粉揚げにしてみよう  かな?
(1匹780円。安ッって思い2匹も買った!!)     

イワシはずいぶん高い魚になってしまって
1尾180円・・・5尾で900円  一盛100円という時代は遠い昔
これはマリネか、香草焼きか   たった5尾なのでアレもコレもはムリだなぁ

新鮮なので刺身も捨てがたい選択肢
パスタもいいんだよねぇ

<夏休み課題 読書>

真夏とは思えぬ涼しい朝でアル   このまま秋?んなわけナイ!!か 

裏方パパ情報のステキな表紙!!
絵本(というより写真図鑑かな?)「ホネホネたんけんたい」購入

ホネホネ探検隊隊長の西澤真樹子氏のプロフィールを読むと
(ワタシ初めての本のとき、作者についてとかアトガキとかを先に読むくせがあり)
自由の森学園で盛口満氏に、都留文科大学で今泉吉晴氏に師事との記載が・・・

ムムッ・・・大急ぎで「骨の学校」を開いてみる アッタ!!
骨部屋年表の活動人物にマキコとあり、文中にも登場するマキコこそ
ホネホネ探検隊隊長の西澤真樹子氏に違いない!!

それにしてもワタシますますホネに魅入られていくぅぅぅ
見よ!!表紙の豚足の骨格標本!!まるでハイヒール

今年のハロウィンのディスプレィは面白くなる  かも乞うご期待(?) 

隊長が師事したもう一人の今泉氏は
ヒメネズミやアカネズミ、モグラなどの研究者で
これまたスッゴク楽しいお話が・・・それはまたいつか

ホネの話 たぶん裏方パパもハマルと思うけどな
絶対キライな方じゃないとワタシはヨンデル(ホネ取り、標本作成は別にして)


近頃 カフェ「SALLY」は開店休業状態で
これはいかん
今日は、ケーキを焼きパンを焼き
チョットこじゃれた料理なんぞに没頭してみようかな 

<夏休み自由研究 漂着物?!>

相変わらずゲッチョ先生の本に夢中の夏休みを過ごしています
「ぼくは貝の夢をみる」を読んでいたら
貝殻拾いも面白そうだなぁ・・・出かけてみたいなぁ・・・と。
偶然休暇をとっていた夫と海の中道
ラテの散歩を兼ねて海の中道に出かけてみました。

海の中道は「ぼくは貝の夢をみる」にも出てきます。
この浜はいろいろな漂着物が流れ着くことで有名で
ゲッチョ先生はタコブネの仲間のアオイガイを拾ったそうです。
さすがに宝探し
初心者のワタシ、なかなかそんな大物には出会えません
(っていうかアオイガイってナニ?タコブネって?)
でも、外洋に面していると思いがけないものが見つかるみたい
先日の芥屋の海岸とは違う貝の種類本日の戦利品!!
丸い巻貝、ウニの殻、カニ、魚の神経頭蓋、二枚貝、軽石()、鮑の壊れた殻・・・

ホネホネに続き、貝殻(漂着物?)拾い熱にも罹ったようです


ワタシ ドコヲ メザシテ イルンダロウ

<ホネⅢ?>

カテゴリーをどちらにしようか?と・・・
今夜はポン酢で
豚足のグリル焼きがテーブルに並びました。

実は「骨の学校」という本に「豚足骨接ぎマニュアル」のページがあり、熟読する前にまずホネ取り!!と。

ボイルする前に一応写真も撮ったのですが、さすがにアップはためらわれ(*^_^*)
左前足と右後ろ足・・・を揃えて
(左右前後の見分けがつくなんて だんだんどっかに行ってるぞ ワタシ・・・)

結論から言うと、買ってきた豚足は半分に割られていて
組み立てるのは不可能に近いと判断し、食べて楽しむだけにしました

feelの裏方パパから素敵な絵本(なにわホネホネ団団長著作)の情報も入ったので
近日中に書店に出かけてチェックします

「なにわホネホネ団」の入団資格は先刻承知です
狸の皮を1匹剥けること!!(入団してからでも可)
ワタシちょっと自信が・・・
相当臭いらしいんです(>_<) ニオイはムリかなぁ(ってそこかい?)

<この時間が好き>

お昼と夕方の真ん中ダイスキナ時間
どの季節もこの時間が好き。家の中から覗く外の明るさがまぶしい。
まだまだ陽は高いのに夕方が迫っている気配がミエル。
今日はこの時間、秋の色の匂いもミエマシタ。

夜はもう虫の音もキコエマス。

<夏休み自由研究 ホネ!! Ⅱ>

ゲッチョ先生のホネの本に夢中です
ついに昨日、晩ご飯のメニューをホネ取りに合わせてしまいました(*^_^*)
真夏の暑い日に手羽先の水炊きと鯛の刺身デス(^^♪

鯛のホネです鯛のホネ
バラバラになるとどれがどこのホネだか
魚の頭骨の組み立てははゲッチョ先生たちも難しいって書いてあります。
耳石を見つけられなくて凹んでます流してないはずなんだけど
そしてコレが手羽先8本分鶏手羽のホネ
さすがに先っぽの小さなホネは気がつかずに流してしまったみたい

第1回ホネ取りとしてはまずまずの成果かな?と自画自賛(^_-)-☆

ホネ取りの秘密兵器ホネ取りの秘密兵器
入れ歯洗浄剤これも本に紹介されていたので一緒に買ってきました
(たんぱく質分解酵素がホネに残った肉を溶かします)

ホネ取りを繰り返して 次は組み立てだぁ

ワタシ  ドコヲ  メザシテ イルンダロウ  ・・・・・・・・・・・・

<夏休み自由研究 ホネ!!>

出会いのきっかけ
この本がきっかけでホネに興味を持ちました

自分でも頑張れば作れちゃうんですょ

この本には身近な動物や魚、鳥、ヘビなどのホネの写真
ホネの採り方、ホネに興味を持った経緯など
ホネに魅せられた6人の方の面白い話が書かれています。

奈良のmarikoのところに行ったら必ずたずねてみたい
大阪市立自然史博物館の「なにわホネホネ団」もこの本で知りました。
ホームページを開くと入団希望者もかなりのよう・・・

また、この本の中の盛口満氏の話が面白く、他の本も読みたいと探したら
書店の棚にあるだけで11冊
さすがに全部は一度に買えませんだって1万7千円にもなるんです

まず楽しい世界が広がる
この1冊を選びました(この本 あと2、3とシリーズで揃えます)
安田守氏との共著で お二人とも自由の森学園の理科教員だったそうです。

読み始めたら止まらなくて次から次に
この2冊を続いて買ってきました盛口氏はゲッチョ先生と呼ばれています。

フライドチキンで骨格標本作りなんて
まさに夏休みの自由研究にぴったりではありませんか
子供たちが小さい頃に出会いたかったなぁ・・・
いや、それより私が子供の頃に出会いたかった
こんな理科の先生の授業受けたいですねぇ

<夏の玄関>

いらっしゃいませメダカ(?)小さくて・・・
玄関のドア前には先日実家からもらってきた火鉢
メダカ(じゃないけど小さな魚)が気配に驚き隠れてしまいました
「ゆらら」水草の赤ちゃんが・・・
分けていただいた水草にちっちゃな赤ちゃんが・・・
ドアを開けて夏の景色
うちの中に入るとサツマイモの芽が涼しげに揺れて。
eriちゃんの沖縄土産ナツノオモイデ
琉球ガラス細工の隣には、芥屋の海岸で拾ってきた貝殻
先々週の土曜日、ラテの海水浴に出かけた思い出です

<今日は一日ご飯作り>

朝 三男が「なんかある?軽く喰ってからまた寝たい」
というので「夕べの残り物de丼」を・・・すでに朝食の後片付けは終了
塩鮭をほぐし、豚肉と蓮根の煮物から蓮根を薄切りに
薬味のシソ、生姜、ミョウガのせん切り、半熟の目玉焼きをのっけて完成

お昼は姪がカー君を連れて遊びに来てくれたので6人分。
「おろしぶっ掛け天ぷら冷やしうどん」「冷蔵庫にあるものde卵炒飯」
人参、ミツバ、海老のかき揚げと舞茸の天ぷら
(ウドン玉が4つだったのでウドンも炒飯も半人前ずつくらい)

夕方、サークルの先輩たちと飲みに行くという三男に
「出かける前に軽くなんか喰いたい」と言われ
海老、しし唐、モヤシを炒めマヨネーズで和え
ご飯にレタスのせん切り、炒めた海老、半熟目玉焼きをのせた
「海老マヨネーズご飯de丼」
これはその後晩ご飯のメニューにも
パクリました海老のソテー
もう一品は焼き鳥やのような豚肉巻き
「エノキしし唐の豚肉巻き」ポン酢で
たまには節約料理も節約料理
ダシをとった鰹節と昆布、お昼のウドンに使った大根おろしの皮
サラダ用人参の端っこで「キンピラ」

<古民家ギャラリー>

wakoさんに誘われて金武にある古民家ギャラリー
花うさぎに行ってきました花うさぎの看板
全景と花うさぎの全景
その入り口です花うさぎの入り口

この古民家は私の従兄弟の隣の家
そういえば去年従兄弟のお嫁さんから「隣がギャラリーになってるょ」
と教ええもらっていたのを思い出しました。

借りた方が一人で手を入れてギャラリーに作り変えられたそうです。

ご自身の作品(うさぎ)をはじめ
作家さんの陶器、漆器、家具やアンティークなどがたくさん。

デザートセット750円をいただきましたデザートセット
テーブルにはテーブルの上の花は・・・
カボチャの花が活けてありましたこのテーブルも値札があり購入できるようです。

どこにもケミカルなものがなく、窓も床も木製でホッと心休まる空間でした。

<昨夜の夕食>

昨夜は鯛の丸ごとオーブン焼きのつもりでしたが直前に変更。
切り身にしてレモンとともに香草焼きに
皿にイタリアン2種
蛸のハーブオイルマリネと一緒に盛りました
(残った鯛のアラは今夜の1品、酒蒸しに・・・)
久しぶりの海老のトマトクリームパスタ
トマトクリームパスタはやっぱり大好きな味
パスタをゆでるときはたっぷりの湯で必ず塩を加えて
(1リットルの水に10gの割合で・・・お吸い物より少し濃い目の塩味)
パスタにきちんと味をつけておくことが大切

<夏のイタリアン>

wakoさんからご注文のチーズケーキ
8月のチーズケーキのご注文
7月は仕事が休みの日じゃなかったのでお受け出来ませんでした

wakoさん一家に夏のご挨拶夏のイタリアン
サプライズでイタリアンのお届けもの
海老のパスタ蛸のマリネ
パスタは召し上がるときに茹でて仕上げていただくように
ソースは完成の一つ手前までの状態です

さて我が家は今夜なにを食べましょうか?
実は天然鯛です
鯛麺を作ろうかな?と思って買ってきた鯛ですが、
お昼に冷やしソーメンを作ってしまいました

wakoさんちに合わせて我が家もイタリアンに変更
オーブンで丸ごと香草焼きがよさそうです

<ゆらら>

3日日曜日 フジッキー「おしゃれイズム」のあとの
「ナイトシャッフル」で『はしのえみちゃんと糸島半島巡り』が放送されていて
「ゆらら」も取材されたらいいのになぁ・・・
と思いながら観ていたらなんと「ゆらら」が
「ゆらら」に行きたいなぁとゆらら
思っていた頃だったので紹介されたのは嬉しかったけど
予約が取れなくなったら大変!!と翌日朝一でメール
無事予約が取れて昨日7ヶ月ぶりに行ってきました

「ゆらら」糸島郡志摩町御床1152 tel fax 092-328-1798
yulala-lingkaran-spica.226@docomo.ne.jp

いつもの「ゆららコース」120分 10,000円
ナイトシャッフル見ましたよ♪って言ったので
気流れセラピー10分の施術サービスがつきました

アロマの香りとかすかな音楽 贅沢な癒しの時間
足湯、リフレクソロジー、アロマトリートメント
ココロもカラダもノウも喜ぶ幸せの時が流れました

実は写真を撮るつもりでカメラを持参していたのに
あまりの心地よさにうっとりして撮るのを忘れてしまって

お部屋の中の小物もさりげなくて素敵なんですが
玄関やお庭に素敵な火鉢があり
可愛い水草が浮き メダカたちが泳いでいました。
初めて見る可愛い水草♪まだ途中です・・・
水草で可愛かったので一つ分けていただきました。
火鉢いいなと、その帰り実家に行き 
庭に転がっていた火鉢を母に断ってもらってきました(まるで山賊のような・・・とは友の弁)
まだ途中・・・これから移し変えます

昨夜はお土産にいただいた 天然岩塩のバスソルトをいれたお風呂で
ゆっくりと時間を楽しみ 心地よく眠りにつきました

<夏の空>

今朝 明けたばかりの空を見上げたとき
かすかに
夏の終わりの色が見えました

お盆が近い 夏休みのシッポがチラッと見え始める頃の
ほんの少しの焦りと 後ろめたさの混じった時間の色


だけど夏の空
陽が昇るといつもの夏空  蝉時雨も降ってます(耳壊れそう

<気分一新!!>

8月にもなったことだし(すでに5日だけど・・・
カフェという名前のテンプレートを見つけたので変えてみました

きっちり月が替わる1日からじゃないところがいかにも私です
(キホン私はオオザッパ~

そんな私こんなこともしてます。2と3の組み合わせ
いちいち毎回米を計るのが面倒・・・と2合と3合に分けて袋詰め。

時々(?)ぼんやりしていて 米を量りながら
「あれッ何合量ったかな?」なんてことがしょっちゅうあり
こうすればそんな情けないこともなく
4合のときは2合を2つ、5合のときは2合と3合を組み合わせて、と便利だし。
(バターを小分けして冷凍するときも同じです)

思えば子供の頃
家の手伝いをさせられて、何とか簡単に早く終わらせる方法はないか?と
いつもいつも考えながら動いていたのを思い出します。

台所仕事はいやじゃなかったようで
記憶はもっぱら畑の仕事の手伝いとかですが・・・
結果、早く終わったかどうか????

コレも米を詰める手間がかかるので
ほんとのところどれくらい時間が短縮しているかは疑問(^^♪
でも夕食の準備のときは楽だなって実感してます。

だから野菜も肉も買ってきたら できるだけ使いやすく、
小分けや下ごしらえをして冷蔵庫に入れるのです

準備がある程度できていると、ホントにです

ヤッパリ私は
「キホン私はオオザッパ~」ナンデス・・・ウ~ム

<真夏の暑さにも慣れたかな?>

連日の猛暑で、
先日の福岡は37度以上の最高気温が観測されたとか・・・
でも慣れでしょうか?
それなりに風を感じて過ごしています

そんな真夏にお餅サンド♪
餅サンドの朝食です!! 季節はずれ?でも美味しいですょ
(冷凍庫の整理、三男の朝食のバリエーション)

これは私が高校生の頃、よくおやつに作って食べていたもの
子供たちのおやつにもよく作りました

フライパンにバターを溶かし餅を2個入れて焼く。
中火で焦げないようにゆっくり焼いて少し平たく広げる。
焼き海苔に焼いた餅を置きチーズとハムをのせたら
もう一つの餅で挟み焼き海苔で巻いて食べる。
いつもはチーズだけですが今日はハムも入れてみました。


「カロリー高いよなぁ」と思いながら
高校生の私、2個くらい食べてた記憶が・・・(*^_^*)
淡白な餅にバター、チーズの濃厚さと塩分がベストマッチ

<マフィンが好き>

昨日天神に出かけ
アペティートでイングリッシュマフィンを買ってきました
どこにでも売ってないので、いつもまとめ買いするのですが
昨日 店頭にあったのは2袋。夕方は常に売り切れています
当然今朝はイングリッシュマフィンサンド
イングリッシュマフィンサンドです

マフィンはフォークを回りに刺しながら厚みを半分に割ります。

ナイフで切ってもいいんだけど(マックのマフィンみたいに)
初めてマフィンを知ったときに覚えたとおりに今も食べます。

軽く1分ほどトーストしたらバターをぬる。
更に片方にはチーズをのせてもう一度1分ほどトースト。

半熟の目玉焼き、軽くソテーしたハム、好みの野菜を
マフィンで挟んで食べる。

マヨネーズ、ケチャップ、塩コショウは好みで・・・


他には、軽くトーストしてバターをぬり
ジャムやマーマレードをつけて食べるのも美味しい
これには紅茶のほうが合います
イギリスのアフタヌーンティみたいに優雅にテーブルもセッティングして・・・

イングリッシュマフィンは自分でも焼いたことがあります
リングの型を持ってなかったので厚紙にアルミホイルを巻いて代用。
それも楽しくて美味しいし、自己満足度も大幅アップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。