カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

<ポカポカ陽気の日>

昨日 実家に向かう途中の 日向峠では
桜の蕾がふくらみ ひとつ、ふたつと咲き始めていました
今日は暖かいので もっとたくさん開いているかもしれません

昨夜の晩ごはんは 予定通り『揚げだし豆腐』
揚げだし豆腐
しっかり水切りした豆腐に片栗粉をまぶして揚げます
いつもの『めんつゆ』をかけて生姜を添える(大根おろし忘れました

『めんつゆ』はソーメンのつゆに、寄せ鍋のだしに、天つゆに、お浸しに、と 便利 
キンピラや揚げ浸しにも…使う頻度が高いので大体毎週作って 常備しています
作り方; カツオと昆布のダシ4:薄口醤油1:みりん1を合わせて火にかけ沸騰させる
私は簡単に4カップ:1カップ:1カップで作ります

菜の花のアンチョビソテー ブロッコリーの天ぷら
『菜の花のアンチョビソテー』
フライパンにオリーブオイルと潰したニンニクを入れて火にかけ
香りが出たらニンニクを取り出し、茹でた菜の花とアンチョビペスートを入れて炒める

『ブロッコリーの天ぷら』
ブロッコリーは食べやすい大きさに分ける (生のまま使う)
市販の天ぷら粉に片栗粉と昆布茶を混ぜて溶き、ブロッコリーを揚げる

ホウレン草のお浸し ピリ辛コンニャク
『ホウレン草のお浸し』
茹でたホウレン草を食べやすい大きさに切り
ボウルに入れてめんつゆを適量入れて軽く混ぜたら、しぼる(だし洗いという)
しぼって汁気を切ったホウレン草にもう一度めんつゆを加えて和える

『ピリ辛コンニャク』
コンニャクは手でちぎり、茹でてアク抜きをしたら、フライパンに胡麻油を熱して炒める
砂糖、醤油、酒、一味唐辛子で味付け(今回はチリメンジャコも加えてみた)


今朝のお弁当
今朝は夫のお弁当にも『ピリ辛コンニャク』と『ブロッコリーの天ぷら』
晩ごはんと同じもの食べるのは嫌かなぁ…と気にはなるけれど


31  早起きの 弁当詰める 毎日も 子らが巣立ちて 夫ひとりぶん
スポンサーサイト

<今夜の食卓は?>

昨日、天神の警固神社では桜の花が8分咲きの木を見ましたょ


時々行くスーパー『サト~食鮮館』がリニューアルでキレイになっててビックリ
すぐ近くの大型スーパーにも置いてないアンチョビペーストは、ここで買います
イタリア食材
他にオーガニック全粒粉パスタやバルサミコ酢もお買い得だったので一緒に購入

もちろん生鮮食品もお買い得価格 手羽元とコノシロで昨夜のメニュー
手羽元の煮込み 酢の物
『手羽元の煮込み』               『コノシロとキュウリの酢の物』
これは次男の好物              コノシロが好きなので見るとつい買います
次男がワーホリでカナダに行ってたとき   酢の物も好きで、これは私の十八番かな
私も出かけて行って バンクーバーでも   鯵で作っても美味しい
リクエストされて作りました           生姜、青シソ、煎り胡麻で香りよく


さて、今夜は…
豆腐の水切り
『揚げだし豆腐』の予定  早めに水切りしておかないと、ね
他に何を作るかは これからの私の気分で決まります


30 箸の先 その手の語る 食欲が  日々の嬉しさ 包丁握る

<暖かな一日に…>

だんだん陽が昇るのが早くなって来て 春なんだなぁって感じます

夫が家を出るのは6時20分頃 つい最近まで暗くて寒くて大変そうでした
ラテも 夫が出るとき渋々起きてきて 見送ったらサッサと寝床に戻る日々
これからの季節、ラテの散歩を兼ねてバス停まで見送りに出かけようかな

雑穀米リゾット
今朝の私の朝ごはんは『雑穀米のチーズリゾット』
(『夕食のハンパな残り物整理メニュー』とも言う)

コンソメキューブを溶かした湯でキャベツやブロッコリーなどを温めたら
雑穀米ご飯を加えて、溶けるチーズをたっぷり 仕上げに半熟目玉焼き


29 今日の日も 穏やかなれと 朝陽みて 餌台の野鳥 群れてにぎやか

<春らしい一皿を>

陽射しは暖かいけれど 風が冷たい春の休日でした
桜の開花も少しずつ進んでいるようで お花見が楽しみです



菜の花畑のような一皿を 今夜の食卓に
新食感の野菜
『柔らかくゆでたホワイトアスパラと新食感のアイスプラントを タルタルソースで』
アイスプラント初めて食べました   不思議 な 野菜 です


そして 休日のお昼ごはん  昨日は具がたっぷりの『長崎ちゃんぽん』
サイコロステーキ炒飯!!
今日は『サイコロステーキと菜の花入りの炒飯 柚子胡椒添え』
お買い得の牛肉と実家の畑の菜の花を使って…
石焼ビビンバみたいに 仕上げは強火でご飯に焦げ目をつけるのが好みです
ゴロゴロとお肉たっぷりのボリュームある お昼ごはんでした(フ、太る


28 窓越しに 暖かな夕陽 射してくる  春の息吹を 唐津の皿に

<ソーイング>

22日に桜の開花宣言が出た福岡近くの神社の桜も2分咲きです

長男夫婦のnaru君は mioちゃんの職場復帰で 4月から保育園
しばらくは 親子で切ない春の日々 でしょうか
ソーイング
入園のお祝いも兼ねて、保育園で必要な布団カバー、絵本袋、パジャマ入れの製作


道具は良いものを持っているのですが 普段は宝の持ち腐れ状態  トホホ…(^^♪
久しぶりに出したら糸のかけ方も忘れてる
急ぐときほど 丁寧に落ち着いて…と 自分に言い聞かせながら
久しぶりのソーイングを楽しんでいます


27 カタカタと 入園準備の ミシン踏む  ナルの春の日 健やかなれと

<料理好き>

今日は晴れ間が広がるお天気になりました
福岡の桜の開花宣言も 今日あたり出るかも知れません


久しぶりに料理ネタを…
手羽先の甘辛煮
これはデパ地下のお惣菜コーナーでも売られている『チキンバーの甘辛煮』です
自分で作ると とっても安上がりで たくさんできるので
押し売り的プレゼント対象メニューです

手羽先は先を切り落として(スープに使うと良い) 手羽中を半分に切り分ける 
強力粉を軽くまぶして 熱した油でカラリと素揚げする
中華なべに醤油、みりん、砂糖を入れて火にかけてタレを作る(味は好みで)
揚げたチキンバーを中華なべに入れてからめたら 煎り胡麻を加えて完成

素揚げの熱々を ポン酢で食べるのも オススメ


マーボピーマン??? ブロッコリーのサラダ
冷蔵庫と食品庫の整理を兼ねて2品
マーボ茄子の素でピーマンや豚肉、玉葱など使って『マーボピーマン?』
実家からたくさんもらったブロッコリーの消費大作戦!!『サラダ』
簡単にシーチキンとマヨネーズで和えただけ…ですが

休日のお昼ご飯
そして こちらは休日のお昼ご飯  たいてい麺類です  
ウドン、蕎麦、チャンポン、パスタ

この日は ひとつだけ残っていたトマト缶と冷蔵庫のあり合わせ食材を使って
『豚肉と菜の花のトマトソースパスタ』


私は たぶん小さい頃から 料理好き
誰かのために作ることも、自分ひとりのために作ることも 大好きです
さて、今夜のメニューは何にしようかな?
冷蔵庫も棚もほとんど空っぽ状態になりましたから、お買物

26  台所 一人で篭る 秘密基地!! 豆を煮たい が 今日の気分なり

<桜コレクション>

今日は 木々の芽吹きに優しい雨の一日です春はすぐそこに


玄関の小さなチェストの上を桜で飾りました
桜コレクション
布とキャンドルとお香は自由が丘  屏風は浅草  鮑型の絵皿は有田陶器市
蕎麦猪口は佐世保師三川内町の啓祥釜


農業見習いを兼ねて 実家に通う毎日を過ごしています 
これからの季節は断然『日向峠』を越えて行く道が楽しみです
道路の両脇にたくさんの桜の木が植えられていて 満開の季節は見事です
土曜日に通ったときは まだ蕾も小さく咲く気配はありませんでした
峠から見下ろす『糸島市』は美しい歴史の町です


25 花の路 近づく春を 準備中  日向峠に つぼみ待ちおり

<玄関に>

実家の庭に椿が咲き誇っています
枝が混んでいるところを 母に持って行きなさいともらいました
椿を玄関に
玄関の柱にくくりつけてお正月の花を生けた 竹に活けてみました
(時間が朽ち竹のような風情に変えています)
道行く人にも楽しんでもらえたら・・・


24 「ただいま」のトビラの手前「おかえり」と 花びら揺れて ラテが吠えている

<春を待ちて>

実家の正面は 浄土真宗本願寺派(西本願寺)金照寺です
15日~17日まで永代経があがるので 一座(ひとざ)だけでも務めなさい 
と母に促され16日と17日のお昼の座にすわりました 
金照寺の本堂
近所の門徒の方々と一緒にお経を読み、お茶をいただいた後、お説教を聞きます
今回は佐賀のお寺からお見えになった若院さんで
ユーモアを交えながら 親鸞さまの み教えをわかりやすく お話しくださいました

鐘つき堂 間もなく…
子供の頃の一番の遊び場だったお寺は今、鐘つき堂と山門の新築工事中です

日曜日にはお寺でお経を読み、お説教を聞き、親鸞さまの歌を歌い
お昼ごはんをいただく という子供たちの行事が 定期的にありました
永代経や報恩講にも母と一緒に 夜お参りしていた記憶があります


23  寒さの日 本堂に流る 経のこえ み教えききつ 涙ぬぐいぬ

<冬に逆戻り>

先週の金曜日の大地震と津波、そして原発事故
被災地の方々のことを思うと 胸がつぶれそうに痛みます

今の私は、節電を心がけ、普通の毎日を感謝しながら過ごし
義援金に寄付をして 一日も早い復興を祈り続けています



しばらく暖かい日が続きましたが、今日は真冬のような寒さでした
桜 桜
庭の桜がやっと咲き始めました
桜の品種はわかりませんが、小ぶりの花が可愛い桜です


水仙 水仙
黄色の水仙も花が開いて パッと明るくなりました
植え替えてもっとたくさんの花が咲くようにしたいと思っています



近頃ムクドリが我が物顔でやって来て 用意した餌をことごとく食べてしまいます
ヒヨドリも10羽以上がやって来て、リンゴはアッと言う間に食べつくされるのです
シロハラ メジロ
何か策はないか?と考えた末
クリスマス用の柊の鉢を持ってきて、リンゴを柊の葉で囲ってみました
『大成功!!』
ムクもヒヨも柊の葉がチクチク刺すのか 近寄りません

と、喜んだのも束の間
しばらく手こずったものの、葉の間に上手に入り込んでやっぱりアッと言う間
来シーズンも ムクやヒヨがこんなにたくさん来るなら策を講じなければ

シロハラは1羽だけしか来ないので VIP待遇?
メジロやウグイスなど小さな野鳥は大歓迎… なんですが

野鳥のためのレストランは 桜が散る頃まで 営業します


22  パラパラと 花が散るよに 鳥たちの 降りてくるさま 春の陽の中   

<甘夏柑のマーマレード>

実家の孟宗竹林の隣は 近所の家の畑で
以前は甘夏柑がたくさん植えられていましたが、今は空き地
端っこに2~3本の甘夏柑の木が残っていて 黄色の実がなりっぱなしです 

筍を探しに行くと 少しわけていただいて毎年マーマレードを作ります
早速食べてみる
今朝、キッチンに甘い香りを漂わせて マーマレードが出来上がりました
早速、ポールのフランスパンを軽くトーストして 試食
ほろ苦さと甘さがとても良いバランスです  (相変わらずの自画自賛


下準備 1昼夜置いて
皮は 剥いて白いところを取り、小さく刻んだら3回ほど茹でこぼします
実も袋から出して、皮と実の重量の半分のグラニュー糖をまぶして一日置きます
砂糖が溶けて 水分が充分出たら 火にかけて煮詰めていきます


瓶に詰めて
少し水分が残る程度で火をとめて   ゆるめの仕上がりが私の好みです
瓶に詰めたら 蒸し器で加熱したあと蓋をして完成

トースト、アイスクリーム、水気を切ったヨーグルトなどに トロリとかけて楽しむほか
カレーの隠し味にも使います


21 手を入れぬ 静かな山に まろき実の 天に向かって 黄の色ひかる

<は~るよ 来い>

は~やく来い あ~るき始めた みぃちゃんが 
あ~かい鼻緒のじょじょ履いて おんもへ出たいと待っている~♪

先日車を運転している時 NHKFMから流れてきて 大声で唄ってしまいました
寒の戻りがあっても やはり3月 春の気配が濃厚になってきましたね

今日はうちの庭で 春探し
『ガーデニングを楽しもう』の種蒔きさんのブログを見習って…
(画像はクリックすると大きくなります)
沈丁花
挿し木で育てた沈丁花に 今年もたくさんの蕾
切花で楽しんだあと 花瓶の水を替えながら 根が出るまで待って植えました

クリスマスローズ 水仙
庭のあちこちで色々な花が「もうすぐ咲くからね」と言っているようです
クリスマスローズもこぼれ種から芽が出たりして 増えていきました
黄色の水仙は パッと明るくて元気が出るので 大好きです
木瓜 椿
木瓜は庭の隅っこに植わっているので 気づかぬままに花が終わっていたりします
椿は蜜がたくさん出るらしく ヒヨドリがホバリングしながら蜜を吸う姿が見られます

桜 大根
この桜も挿し木で 育てました
実家から大きく切ってもらって 花見を楽しんだ後、根が出るまで待って植えたのです
食べるために買ってきた大根から 蕾が出ていました
花瓶に大根ごと入れて 待っていたら こんなに可愛い花が咲いて 嬉しい

紫陽花の新しい芽、足元の蕗の薹、日本水仙…
メジロがキレイな声で鳴きながら 枝から枝へと遊んでいます


⑳ 沈丁花 真白き花が 香りたち  道行く人の 視線を誘う

<アレンジ料理>

美味しく出来たら、翌日も楽しみたい
サンドイッチ
朝食に 『煮豚&煮卵のサンドイッチ』
彩りと味のアクセントに菜の花とマヨネーズを挟みました
ボリュームあるサンドイッチは 夫にも三男にも大好評


もう一品は昼食に麺料理
ラーメン?みたいな…
煮汁をスープでのばしてラーメンを作ってみました
生麺が無かったので とりあえずチャンポン麺を代用
モヤシ、葱、煮豚で 私の好みの『醤油ラーメン』


⑲ アレンジし 残り物には 見えぬよに 工夫楽しむ あぁ面白き

<煮豚&煮卵の夕食>

先週も作った煮豚でしたが、三男が翌日「もう無いの?」と言ったので
昨日の夕食に 再び登場


テレビのグルメ番組でラーメン特集をしていたとき
焼き豚がトロッとしているのが美味しそうだったので『』と思いつきました

煮豚&煮卵
いつもは、
葱の青い部分、生姜、ニンニクと一緒にたっぷりの湯で40分ほど茹でたあと
茹で汁1カップ、醤油と紹興酒を各2分の1カップで10分ほど煮る
という作り方ですが、
今回は、 茹で汁を4カップくらい足して長く煮込んでみました
ゆで卵は殻を剥いて、最後に鍋に加え そのまま冷まします

脂身もトロトロに なかなか良い仕上がりだと 自画自賛
で、強制的 押し売り的に実家の夕食にも 届けました

そのままでも美味しいですが、煮汁をタレにして白髪葱とともに食べるのがオススメ

今回うっかり紹興酒とみりんを間違えて入れたのに気づき
醤油、みりん、紹興酒を同量で煮込みましたが、これが大正解
今後、『煮豚&煮卵』のレシピはこの配合に決めようかな

                       菜の花炒め
『菜の花とベーコンの醤油バター』 『新ワカメのポン酢あえ』などで 食卓の彩りを春らしく


⑱ テレビ見て 「そうか!!」とヒント 思いつく  実験室なりや チューボー篭もる

<寒の戻り>

雨とともに寒波が戻ってきました
春のコートを着て出かけたら、バスを待つのに震えてしまいました

博多駅が九州新幹線の開通に合わせて新しくなり 阪急デパートがグランドオープン
その余波でしょうか? 天神の街もスゴイ人混みでした

峰楽まんじゅう
久しぶりの岩田屋で いつも行列の『峰楽饅頭』を買ってきました
今から実家に行くので 手土産に

黒餡と白餡
回転焼きとも言いますが、西新の名物『峰楽饅頭』
黒と白 どちらが好きかで 盛り上がる博多っ子です


天神は繁華街ですが、野鳥もたくさんいるんですょ
歩いているとき、バスに乗っているとき
冬枯れの街路樹に シジュウカラやメジロやウグイスなどを見つけるのも
街歩きの楽しみです
でも、立ち止まって木を見上げている姿は
「変な人」に見られているかも知れません



⑯ 列をなす 峰楽饅頭 番待ちて  5個求めたり 母の茶菓子に

⑰ 枯れ枝に 小さき影が 動きおり  暮し易きや 都会(まち)に棲む野鳥(とり)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。