カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

<アサガオの芽>

昨日(26日)気づいた アサガオの芽
4つのプランターでそれぞれ 芽が出ていることを確認
アサガオの芽
21日に植えてから 発芽まで早かったな
これから毎日アサガオ観察   小学生になった気分で楽しみたい



和室の縁側では 今年もブラシの木の 赤い花が ひときわ目立つ
紅白
バイカウツギと並んで お目出度い紅白の取り合わせ
紅白が目出度い
数年前に友達から植木鉢ごともらって 植え替えもせずに伸び放題  ヒョロヒョロです
今年は切り込んだり、植え替えたりしないと ね
同じ友達から 白いバラの鉢も2つもらって、それも植え替えしていない


今日も雨  明日は更に大雨の予報   こんな日は部屋の掃除と片づけが一番
不要なものを整理して 雑巾がけして シンプルな暮らしを 目指しましょ




60  アサガオの 双葉数えて 雨の朝  夏の大輪に 思いを馳せる
スポンサーサイト

<嬉しい贈り物>

出かけて昼過ぎに帰宅したら 驚きの嬉しい贈り物が届いていました

素敵なプレゼント♪
送り主はブログ友達のokkoさん  ナチュラルな感性が魅力的な 布小物作家さんです 
開けてみると 
おしゃれなラッピングで 手作りのアームカバーと七味唐辛子が入っていました

アームカバー♪
きれいなグリーンのタータンチェックの裏がついた 丁寧な作品です

畑仕事にアームカバーを用意しようと思っていたところだったので
タイムリーなプレゼントに びっくり     しかも私、七味唐辛子が大好き 

okkoさん ありがとうございます  かえって お気をつかわせてしまいました
大切に 使わせていただきます  (でも、畑仕事にはもったいなくて 使えない気がする…)




朝焼いていたパンは焼きあげて、あるレッスンの教室に ジャムと一緒にお届け
焼き上がり♪ お届け~♪
みなさんに喜ばれました   嬉しい (押し売り的プレゼント


焼きたての香りにつられて 二男が台所にやってきました
久しぶりだぁ♪
「久しぶりやねぇ、うまそう♪  食べていい?」
ホントに久しぶりの『ソフトフランス』
(実際はバターロールの配合の生地をバゲット風に成形したもの)






59  今どきの 新しい友は ブログから  遠く離れて つながるネット

<野菜たち>

天気予報通り 朝から雨です


昨夜のメニューから『鶏の味噌漬け 炙り焼き』
鶏の味噌漬け 炙り焼き
鶏肉が安かったので2パック買い求め、味噌漬けにしました
味噌をみりんでゆるめて 鶏肉にまぶして一昼夜
網で炙った後 フライパンに移して蒸し焼き
食べやすく切り、五種薬味をたっぷりのせて フライパンに残った蒸し汁をかける




さて、畑では野菜たちが 思った以上に早く スクスク育っていました
キュウリ トマト
キュウリもトマトもキュート

緑ズッキーニ 黄ズッキーニ
ズッキーニは黄色と緑と二色  ラタトゥユを作るのが楽しみです



今日は雨なので畑も お休み  久しぶりのパンを焼いています
ベンチタイム20分 成形
お友達にジャムと一緒に届けます




58  育ってる 自然ってスゴイ 感動だ!!  手間惜しむまい 雨陽に感謝

<雨の晴れ間>

今日は朝から良い天気  明日はまた雨の予報なので 今日は忙しいかな

さて今日もお気に入りのお弁当箱で
お弁当
丸い方は昨年買ったばかりの 作家さんの作品   四角は旅行先で買ったもの

『ビーフカツ』『ダシ巻卵』『インゲンのおかか煮』『ウインナ』『蒲鉾』『ふりかけ』





57  青空に 心躍りて 畑へと  野菜のようす 思い浮かべて

<早くも梅雨入り?>

昨日は一日中 雨が降り続き、気温も下がって肌寒い日でした
晴耕雨読とはいかず 買い物に出たり、実家に寄ったりで過ぎてしまいました
九州南部は 早くも梅雨入りですって…福岡も遅からず梅雨入りでしょうか


今朝のお弁当 二男には今日も木製のお弁当箱
今朝のお弁当
浅いけれど、しっかり量が入ります
『インゲンの豚肉巻 ハーブ&とんかつソース味』『キンピラゴボウ』『ダシ巻卵』
『キュウリ塩もみ』『蒲鉾』『カツオふりかけと黒ゴマ』



さて 昨夜の食卓   朝のせん切りゴボウは『キンピラゴボウ』にしました 
キンピラ&牛スジ煮込み
『キンピラゴボウ』は ごま油で炒め、めんつゆで味付け 七味唐辛子、ゴマを振って完成
『牛スジ煮込み』も温めて 熱々を食卓に♪



スーパーでこんな「ナメコ」を見つけました  「ほんなめ」長野産です
なめこ?
いつも楽しいブログの五十六さん が作って「うんまい♪」と書いていた『なめこおろし』
「美味しそう♪」 ずっと気になっていたので 三つ葉、大根と合わせて買って来ました
なめこのおろし
鍋にめんつゆとかえしを適量合わせて入れて沸騰したら ほぐしたナメコを加えてサッと煮ます
火を止める前に三つ葉を加え、粗熱が取れたら大根おろしで和える

「うんまい♪」


食卓についた二男が 
「このナメコ 傘が小さいね  小諸ではもっと 大きいのが売ってたよ」
(二男は キノコが豊富な 高山で2年 小諸で4年 木工修行してこの春帰って来たばかり)
そう、五十六さんの写真も 傘の大きな「ナメコ」だった
でも今までは 真空パックの小さいのしか見たことなかったから これでもかなり驚き

キノコ大好きの私   いろんなキノコが手に入るのは 嬉しいです
小諸のスーパーでは キノコ類が安くて 感激したなぁ  





56  寒かねぇ 季節外れの コタツ入れ  雨の農閑日 母とお茶を飲む

<雨の週明け>

週末からの雨が続き、気温も下がっています
今日も畑の仕事は無理ですねぇ…  さて週の初めは 朝のお弁当作りから
おべんとー
『豚肉とインゲン、エノキの炒め めんつゆ煮』『鮭』『ダシまき卵』『蒲鉾』『梅の実入りゆかり』
夫と、工房の準備に忙しい二男のお弁当
夫は鞄に無造作に突っ込むので 漏れないステンレス製の密閉型  即席みそ汁付き
ピクニック気分で♪
二男の分は バスケットにコーヒーと一緒に  あと麦茶も入れます


晩ごはんの準備も同時進行
今夜の晩ごはん
『牛スジ煮込み』 牛スジとゴボウと糸コンニャクを 『かえし』と味噌で煮込む
煮込み料理は火を止めて 冷めていくときに味が馴染むので朝のうちに仕込み
食べるときに温めて彩りのインゲンを加えます
ゴボウのせん切りは キンピラにするか 天ぷらにするか思案中



常に作り置きしている自家製の   『めんつゆ』(左)  と  『かえし』(右)
手作り調味料
『めんつゆ』  
カツオと昆布のダシ:薄口醤油:みりん を 4:1:1 合わせて沸騰させて冷ます
冷蔵庫で保存 1週間以内に使い切る
めんつゆ、天つゆ、寄せ鍋のダシ、キンピラ、丼のタレ、ダシまき卵のダシ、炒め煮…
オイルを加えて和風ドレッシング、酢と砂糖を加えて甘酢…


『かえし』   
醤油200㏄ みりん100㏄ 砂糖20g
鍋にみりんと砂糖を入れ火にかけて沸騰させ煮切る 醤油を加えて沸騰直後で火を止める
常温で保存  私は一度に 醤油2リットル みりん1リットル 砂糖200gで作る
かえし1にカツオだし3で 江戸前のそばつゆ
肉じゃが、煮魚、すき焼き、モツ煮込み、生姜焼き、煮卵、…  
甘みが少ないので砂糖を加えて使う
ニンニク、ゴマ、ラー油等を足して焼肉のタレ、煮詰めて焼き鳥のタレ… 

お昼ごはん  手抜きでゴメン(ー_ー)!!
『炙り鶏肉の親子丼』のお昼ご飯 と 『豚肩ロースとインゲンの炒め煮丼』のお弁当
どちらも味付けは   かえし  と  めんつゆ で
『めんつゆ』も『かえし』も 味が完成しているので 調理のときに慌てずに味付けができます


雨が降っているけれど ハーブの種を植えたいので ウッドデッキで作業しようかな?
それとも 気になる編み物や布小物作り?  それとも久しぶりのパン・ケーキ作り?
いえいえ、雨の日こそ 晴耕雨読の贅沢でしょう…



55  雨の朝 ミズタマヒカル 庭の木々  やさしい気持ち 今日も笑顔で

<緑のカーテン計画>

全国的に電力不足が予想される 今年の夏
毎年、やろうやろう と 言いながら やらなかった『緑のカーテン計画』
今年こそ と 腰をあげたのに

種はどうしよう プランターは素焼きがいいかな 
などと グズグズしていたら ある店ではアサガオの種が売り切れていた


アサガオと風船かずら
アサガオだけのつもりだったけれど
風船かずらが可愛くて好きなので 混植することに


緑のカーテン計画
土 足りないかな?  もう一袋買っておくべきでした
とにかく植えたので 発芽を楽しみに待ちたい
今日は久しぶりの雨  蒸し暑さが一気にひいて過ごしやすくなりました 


庭にはヤブガラシが伸びてきています (ヤブガラシ  ×藪辛子  ○藪枯らし)
ヤブガラシ
去年、チョウを呼ぶために植えた数本から たくさんの種がこぼれたようで
すごい数のヤブガラシが芽をだして すごい勢いで育っている
まだ花が咲かないのに、数種類のチョウが毎日様子見に飛んできているのを確認
目立たない地味な花ですが 蜜がいっぱいで チョウたちに人気のある花です
去年の夏は チョウのみならず ハチや甲虫たちもたくさんやって来てくれました


雑草だから 義父はあまり好ましく思っていないだろうけれど
「チョウを呼びたいんです  ごめんなさいお義父さん


冬は野鳥を呼ぶ庭、 夏はチョウが舞う庭   楽しい
小さな生態系が整うといいなぁ…って 思っているんですが


と いうことで 小さなメダカの池も掃除して チョットきれいにしました
小さなビオトープ
この小さな水辺にも 野鳥が水を飲みにやって来てくれるんです
今年こそ トンボが卵を産んでくれないかなぁ
小さなビオトープのつもりですが、もう少し工夫が必要ですね

石を積み上げて カナヘビやトカゲの住む場所も作りたいんだけどなぁ…



54  本読みの 視線をあげて 窓の外  雨の匂いと 雨の降る音

<今年も…>

そろそろ田植えの時期になりました 苺畑→田んぼ  と いうわけで
今年も、
キーコの娘さんの旦那様のご実家のご近所の苺農家さんからたくさんの『あまおう』が…


かいるいおきいまい で 『博多あまおう』 福岡のブランド苺です
いちご~♪
そのまま贅沢に デザートに食べて  そして今年も ジャムを作りました


『苺ジャム』
計量 半日おいたら…
水洗いしてからヘタを取る(水っぽくならない)  
作りやすい量、500gずつボウルに入れる(大きいものは2~3つに切る)  
2キロもありました!!  


苺の半量250gのグラニュー糖を苺にまぶして 半日以上置いておく
砂糖の浸透圧で水分が出るのを待って 火にかける (火傷しないように気をつけて)
強火で 噴きこぼれないように気をつけ 一気に煮詰めて好みの硬さに仕上げる
(10分くらい?)


500gを4回作ること  2キロ一度に作ると噴きこぼれる 時間がかかる 


完成  試食~
完成!! 食べる
水分が十分に出てから火にかけると 色がきれいな真っ赤な苺ジャムができます


砂糖はいつも果物の半分の量   甘夏で作るマーマレードも同じ
甘い や 酸味が強い は その時の出会い
同じ味に仕上げるのではなく 同じ分量で作って その時の味を作る式です
(きゃぁぁエラそうにごめんなさい同じ味に仕上げる技量がないだけでぇす)

さっそく おやつに
水分をきったヨーグルトと ヴァニラアイスクリームを 器に盛り ジャムをかける
左; あまおうジャム  右; 野イチゴジャム

これは去年の方が 写真がきれいだな  ミント飾るの忘れてるし 


『水切りヨーグルト』 「紫陽花」のokkoさんは ティラミスを作っていらっしゃいます



53  宝石の 輝きにも似た あまおうの  布巾染める 深き赤いろ

<幸せの記憶>

昨日、実家の竹林の近くで 野イチゴを摘んできました
野イチゴ
幼い日の記憶
母と二人 野イチゴ摘みをした日のこと
たぶん3~4歳のころ


ミカンの花の香りが漂うと 必ず思い出す情景
段々畑のミカンの木  あたり一面の野イチゴの赤い実
農繁期の真っただ中 きっと眠る間もないほど忙しかったはず
ツワブキの葉をくるりと丸めて その中に野イチゴを詰めて手渡してくれた母


前かがみ気味に歩く 小さくなった母を見ると
悔いのない親孝行をしよう と 思います


摘んだ野イチゴは ジャムにしました  明日アイスクリームにかけて食べます



さて、そんな昨日の晩ごはん
サバの味噌煮 牛のたたきサラダ
『鯖の味噌煮』『和牛のたたきサラダ』『ボイルソーセージ』『納豆』『アオサの味噌汁』
  
メインよりサラダのほうが材料費が高い
『和牛のたたき』を大人6人分のメインにするには とても量が足りなかった ノダ

『和牛のたたきサラダ』
牛肉をフライパンで焼き、氷水につけて冷やし水気を取る 薄切りにしておく
肉を焼いたフライパンに市販のノンオイルドレッシングを注ぎ温めて旨味を移す
オリーブオイルを少し加えて、サラダのドレッシングにする
ボウルに新紫玉ねぎのスライスと5種薬味、薄切りにした牛肉を入れてドレッシングで和える



52  ツワブキを くるり丸めて イチゴ摘み  幸せの記憶 若き日の母と 

<爽やかな季節>

 新緑が目にまぶしい季節 気持ちが良くて幸せになります
どこからか大好きなミカンの花の香りが漂ってきて つい
「たっちばなぁ かおぉるぅ♪」って 口ずさんでしまう私です

さて、昨夜の晩ごはん  近頃バタバタと食事の準備をしているなぁ…と反省
晩ごはん
『豚肩ロース和風ステーキ小松菜添え』
豚肉に塩コショウしたら強力粉をまぶしてフライパンで焼く
両面焼き色がついたら、めんつゆを加えて蒸し焼きにする
肉は取り出して食べやすく切る
フライパンにゆでた小松菜を入れて味をなじませる
器に小松菜、豚肉を盛り 少し煮詰めた煮汁をかけ 薬味をのせる

『鶏やげん軟骨の網焼き』『ナスと豚こまと絹さやの中華味噌炒め』


畑には可愛い花が咲いています  このまま食べても美味しそう
キュウリの花 ズッキーニの花
黄色の花は虫が喜ぶ色なのかな?  受粉がうまくいきますように




51 枝むすぶ 作業する手に トマトの香  青い空舞う ツバメ見上げる  

<目に青葉…>

今週は 30度超えの真夏日、3日間で1か月分の雨、肌寒い日
そして 爽やかな五月晴れの今日 と 変化の激しい週でした


さて、『虎の尾を踏む男たちQ』五十六さんの「カツオのたたき」の記事に「食べたい…」と
カツオのたたき
                               カツオ1本
『カツオのたたき』
3枚におろし、背と腹に分けたら 鉄串に刺してガスの直火で炙ります
氷水につけて冷ましてから 切り分けて 皿に盛ります
薬味をたっぷりのせて 食べるときにタレを回しかけ全体を混ぜます
タレ; 果実酢:酢:醤油を同量で合わせる  カボス、レモン、スダチなど好みで

『カツオのたたき』 押し売り的プレゼントの定番です
去年はキーコに 3年前には久美に もちろん実家には毎年
今年はどこにお届けしようかな… 
お魚は好き嫌いもあるから遠慮気味に(って押し売り的なのに?)

レジで
「調理しますか?」
「いいえ」
「自分でさばくんですか?」
「はい、それが楽しみなので…」
「すごいですね」
魚をさばくのは 面白いです



5種薬味 韓国風
『5種薬味』
一年中大活躍の5種薬味は ソーメン、冷奴、納豆、刺身、鍋、炒飯など 使い道色々
青シソ、ミョウガ、生姜、カイワレ、青ネギ
それぞれ小口切り、みじん切り、せん切りにしたら水にさらす(アク抜き→変色しない)
しっかり水気をきって キッチンペーパーを敷いた容器に入れて1週間くらい


たたきの切れ端や崩れた身を使ってもう一品
『韓国風カツオのサラダ』
たたきの一部をザクザクと手でほぐして ごま油、塩、生姜、玉ねぎの薄切りと混ぜ合わせる
レタスを敷いた上に盛り 卵の黄身をのせる

反省レタスは水っぽくなるので 水気の出ない野菜を選びたい


50  初鰹 薬味さわやか ほおばりて 来る夏おもう 省エネ対策

<恵みの雨>

今日は朝から雨カラカラに乾いた福岡に やっと 恵みの雨が降りました
水不足は 福岡市民にとって33年前の悪夢を思い出させます
給水時間が『1日4時間』だった異常渇水の昭和53年・・・大変でした
今日の雨、畑の野菜の苗たちも 喜んでるんだろうな



さて、パソコンを買い換えました
新しいパソコン
今まで使っていたのはノート型   
買って間もないころからトラブル続きで、すごいストレス感じてました
5年くらい使ったし、新しく買っちゃえ と連休中にヤマダ電機へ

私のパソコンの先生はずっと『勇者カアズ』さま
昨日、家に来ていただいて 初期設定も含めてすべてセットアップしていただきました
ありがとうございます おかげさまでブログのアップも支障なく進んでおりますぅ

これで空夢さん五十六さんのブログの動画も 心配せずに見られます

慣れるまで ちょっと戸惑いもあるかな  いつまでたってもパソコン初心者のままで   



パソコンの机は二男が使った学習机  
長男も同じ机で そちらは寝室でフジッキーコーナーに使っています
三男のときにはメーカー『NAJICO』が家庭用家具から撤退していて買えず ガッカリ
今でも「選んで良かった」と思うシンプルな机です(買ってくれたのは実家の両親ですが)





さてさて、連休最後の日曜日の畑仕事
トマトの花と小さな実    ズッキーニの花の赤ちゃん
ちっちゃな苗ながら 早くもトマトの赤ちゃんが…   ズッキーニにも花芽がついています
楽しみだなぁ


支柱を立てました
ナスとトマトとキュウリに支柱を立てました   台風の強風に耐えられるかなぁ





作業中、突然 頭上を黒い影が過ぎたので 見上げてみたら
次々に飛んでいる
たぶん雷山(らいざん)の山から飛んでいるのだと思います
久しぶりに 見ました   楽しそうですねぇ  一度は体験してみたい



降りてくるまで かなりの時間があるんです   本当に鳥のよう
すぐ近くに降りてきた!!
着陸は雉琴神社の向こう側の畑だったようです   カッコイイィ~






48  鳥のよに 大空自由に 身をゆだね  ヤマフジ香る 風のなかフワリ

49  農業は 草と虫との 闘いと 知る日は浅い 道のり遥か

<連休の過ごし方>

明日の日曜で連休モードは終わりですね
畑仕事は毎日毎日やることがあって、休みがありませんが
それでも、合間に
陶器市に出かけたり 歯医者に通ったり(ついに) 台所の大きなレンジフードを掃除したり
弟夫婦と一緒にタケノコ山を整理したり 結婚記念日(3日)をささやかに祝ったり
と、充実の10日間を過ごしました  明日も畑仕事です


畑の隣は雉琴神社  見事な藤棚があります 
雉琴の藤棚
今年は開花が遅く 今が一番の見ごろです  日曜日お出かけになりませんか?
雉琴神社
神社にお参りして パワーをもらったら
カワラヒワ、シジュウカラ、ハクセキレイ、シラサギ、ホオジロ、など野鳥観察もオススメです



さて、畑仕事
福岡は雨が降りません  もうずいぶん雨らしい雨が降らず土が乾いています
小さな機械 野菜は順調に
今なら雑草が小さいので カサカサッとするだけで簡単だから と 今日の作業は雑草対策
この小さな機械で畑を耕すように 土をおこして雑草を取っていきます

今日で2度目の機械の操作
なんだか機械に操られているような手つきのまま 畑を行ったり来たり

キライじゃないんだなぁ これが

時おり風が吹いて 緑の香りが体を包む一瞬の 幸福感といったら





47 突然に 畑のまんなか 風薫る  深く息吸う 農のあいまに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。