カフェ「Sally」
明るく楽しく元気良く!!

<新しい年へ>

25日を過ぎると途端に色褪せるクリスマス
なんとも オマヌケな画像ですが 備忘録を兼ねておりますので…


今年は丸鶏をやめて骨付きもも肉をローストしました
2011クリスマス
『ローストチキン』『糸島牛のローストビーフ』『彩り野菜のソテー』
『ベーコンとほうれん草のクリームパスタ』
パリで買ってきた『カモのフォアグラパテ』『シャンパン』


料理を盛ると見えなくなるクリスマスの皿
クリスマスの皿
子供たちが小さなころ買って大切に使っています


みっともないくらい大盛りにしちゃいました
欲張りプレート
元気なナルも2歳になって食欲旺盛です
クリームパスタを喜んでたくさん食べていました





さて、先日のあかし幼稚園の記念礼拝のとき
若い先生が「遊びに行きたいですっ」って言ってくださって 27日、我が家でランチ
ランチ完成!!
クリスマスの飾りを急いで仕舞い込み、お正月の飾りに変えます
おかげさまで、お正月の花も早めの準備ができました


『エビのトマトクリームパスタ』『豚肉の赤ワイン煮』『彩り野菜のソテー』『イカリングフライ』
いただきます♪
デザートは
デザートは…
『チョコレートケーキ』『水切りヨーグルトとバニラアイス、ブルーベリージャム添え』

我が家はスリッパがないので
スリッパ代わりに
モコモコ靴下を用意しました  温かいし、あとは洗えます






お正月の準備もおかげさまで着々と進めることができ
お客様をすることで時間が効率的に流れ、物事が早めに進みます
リビングから
クリスマスツリーを入れてた箱を使って 中に大きな花瓶を入れて活けてます
リビングから眺める花  外が寒いと花が長持ちして一石二鳥

玄関を入ったらセンリョウと松と松ぼっくり
玄関に入って
シンプルなのでもう少し足してみようと思っています


玄関の前は大きなかめにガラスの花器を入れて
玄関の前に
歩道からも良く見えるように大きく活けてみました
ミニチュアの凧や扇、屏風なども あちこちに飾って 新しい年を迎えます


クリスマス寒波は 年の瀬寒波と名を変えて 九州も寒さの年の瀬です
今朝早く畑に行ったら 白菜が凍っていました 植物の生命力は素晴らしい
一応食品の買い出しは完了しました 年越しそばを今年はどう食べようか?と



130 真白におりたる霜 朝日をはじく 白菜の凍るが やがて融け
スポンサーサイト

<チョコレートムース>

師走の月は慌ただしく過ぎて行きますね 今日は冬至  ユズ湯に入ります

月に3回通う「気づきの体操」今年は今日で終わりです
先週、「来週はランチを用意してきます」とみなさんに伝えて
今日も楽しいケータリング『カフェSally』

10人分用意していきました
みんなでランチ
『牛頬肉の赤ワインソース煮』『スモークサーモンのクリームパスタ』『フォカッチャ』
『リエット』『サラダ』
温めるだけ、混ぜるだけ、切るだけに準備をして大荷物を抱えて出かけました
段取りを考えるのが とっても楽しくて ワクワクします


デザートは『チョコレートムース』 (写真は自宅で撮りなおしたもの)
チョコレートムース
スプーンを温めてクルリとすくって皿にのせたら削ったチョコをちりばめ粉糖を振ります

[チョコレートムースのレシピ]
材料;
スイートチョコレート100g 生クリーム200cc 卵2個 砂糖20g  飾り用スイートチョコレート

作り方;
①チョコレートはナイフで細かく刻み、40~50℃の湯で湯煎にかけ、とかす
②卵黄2個分をボールに入れ、軽くときほぐし、ここに①を加えて混ぜる
③別のボールに生クリームを入れてボールを氷水に当てながら 七、八 分だてにする
④③の生クリームの一部を②に加えてよく混ぜ、さらに残り全部を加えて混ぜ合わす
⑤別のボールに卵白2個分を入れ、泡立て器で角がピンと立つまで泡立て、
 更に砂糖を加えて泡立てる
⑥④に⑤を加え、ゴムべらで泡をつぶさないように、切るように混ぜる
⑦型に流して冷蔵庫で冷やし固める
⑧温めたスプーンですくって皿に盛り、飾りのチョコレートを散らす
   一人分ずつグラスなどに流して固めてもよい

私は同じハンドミキサーで、まず卵白を泡立ててメレンゲを作り
そのハンドミキサーをそのまま使って、生クリームを泡立てておきます
チョコレートを溶かし、卵黄と混ぜたら生クリームを加えて混ぜ、卵白を丁寧に混ぜる
という段取りで作ると一気にできます
卵白はきれいなミキサーで泡立てないとうまく立ちません

ケーキに仕立てるバリエーションも好評です  それはまた別の機会に



129  口どけ淡いムースのやわらかさよ 気持ち和みの笑みを誘いて

<今年のこと③>

料理やケーキ作りについて考える


今年もあかし幼稚園クリスマス記念礼拝のお客様の食事作りを引き受けて
先週の土曜日、無事に終わりました

三男の在園中から色々な園の行事で料理やケーキを作る機会を与えていただいてきましたが、
今年のメニューを考えながら、強く思ったことがあります

もっと勉強したい!! 



まず、あかし幼稚園のクリスマスディスプレィから
ホオズキのツリー
今年も母の会OBのSさんのホウズキイルミネーション
ホオズキで  クリスマスカード
ホウズキの実を取り、先を少し切りライトを差し込んで作るそうです
温かくてとても素敵な作品です 私も来年は挑戦してみたいと思います
テーブルセッティング  卵で
キャンドル、テーブルの花もSさんの作品 テーブルセッティングは、やはりOBのMさん 
私の準備も着々?と  前菜のウー・ファルシー 茹で卵の詰め物です


お客様がお揃いになりました  サービスはMさんが引き受けてくださっています
スープ  前菜
『オニオングラタンスープ』             『前菜の盛り合わせ』
『ウー・ファルシ』『シーフードマリネ(イカとタコ)』『白身魚のエスカベッシュ サラダ仕立て』
『チーズ豆腐』『豚肉のリエットとガーリックトースト』

ワインもすすみ、メインのお料理を用意します
メイン  パスタ
今年も煮込みは『牛頬肉の赤ワインソース煮』『ほうれん草とベーコンのクリームパスタ』  


いよいよデザートの時間
デザート
『洋梨のキャラメル風味タルト』『チョコレートムース』『真っ赤な苺』


久しぶりにお会いする方々との 楽しい語らいの時を過ごし
スノーマンツリー  クリスマスアレンジ
来年の再会を約束し(えっ!! 来年も引き受けちゃう???)
クリスマスホーリー  イルミネーション
この冬最大の寒波の中 たくさんの思いを胸に家路につきました




料理をもっと勉強したいなぁ…と 強く 強く思った今年の記念礼拝食事作り
歴史、食材、コツ、技術、美しさ…ずいぶん前から気には なっていたのです
学校に通うか、独学でひたすら数をこなすか  新しい年の課題にします


128 降誕の祝いに人が集いたる 葡萄酒に映る光の輪 




<クリスマス準備を急ぐ>

今日は暖かくきれいな青空が広がっています

先日、野鳥のための『カフェSally』を例年より1ヶ月遅れでオープンしました
種実類やミカンなどを用意して
メジロ
スズメばかりでしたが、今日ついにメジロもやって来ました
去年はヒヨドリとムクドリが集団で来るようになり
メジロたちを追い出してしまったけれど、今年はどうなるのかな?
今年は暖かい日が長く続いたので野鳥たちも焦ってないのかもしれません



キラキラの季節なのでキラキラを並べてみました
キラキラ☆
ハート型のキラキラは昨日買ったバッグハンガーです
キラキラ☆バッグハンガー
クルクルと開いてテーブルにセットしてバッグを掛けます

去年まで仕事していた職場で知り合ったmichikoさんと ランチに出かけた天神で購入
前菜
今週の土曜日に迫ったあかし幼稚園の記念礼拝の食事会
盛り付けやメニューを真似っこさせてもらおうと パチリ
サーモンのトマトソース
フレンチにしようと思ってたけれど、やっぱりイタリアンになるかも…
デザート
今朝メールが来てお客様は19人だそうです  更に増えるかもしれませんが…
メインにしろ前菜にしろケーキにしろ 19切れは必要です
こんな風に四角に作ってカットしてサービスするのもいいかな?
盛りつけの絵を書いてイメージを早く決めないと間に合わなくなりそうです



先週末、夫と両親に別府へ旅行に行ってもらって、実家の母を家に呼びました
お昼ごはん
夏野菜の収穫が終わったら温泉にでも行こうって言ってたのですが
母も弱ってしまったし、この家ができてから泊めたことがなかったので
我が家で温泉旅館ごっこです
実家の近くに住む母の実姉の伯母も呼び、せっかくだから と
いとこ達にも声をかけて 賑やかで楽しい1泊2日3食付の温泉旅館ごっこ

お昼ごはんは『煮込みうどん』と『かしわ飯のおにぎり』

晩ごはんの前におやつの時間 
ケーキ2種
定番の『チョコレートケーキ』と『洋梨のキャラメル風味タルト』

晩ごはんは
『手羽先のオーブン焼き』『ブリと鯛の刺身』『ブリ大根』『ほうれん草のお浸し』
『エビのトマトクリームパスタ』『カブのシソ昆布和え』『ピータンとザーサイ』『赤飯』
『果物』『シャンパン、赤ワイン、ビール』
写真を撮るのをすっかり忘れて、「乾杯

和室に布団を敷きつめてみんなで朝寝坊
遅い朝食を食べて、  ホークスの優勝パレードをテレビで見て
楽しかったねぇ…と  送り届けました

快く出かけてくれた夫の両親に深く感謝して 悔いのない親孝行ができました




127  師走の街の人混み明るさありて 希望の明日が元気であれと

<今年のこと ②>

『ダンシャリ、コンマリ、今流行り』 その後


父が亡くなったことで死が遠いものではないと感じたとき
「いつか使うかも」「また着るかも」「欲しい人がいるかも」
といって手放せないでいたモノたちとあらためて向き合いました

本も思い切って仕分けを試みました
台所雑貨なども色々整理が進みました
衣類は
使い捨て雑巾にする分を形を揃えて切って重ね、
着ないけれど好きな服やリフォームしたいものを除き、
資源回収の日にすべて出しました


生地や毛糸などの手芸用品、和服とその小物類は
作品に仕上げたり、姪に譲ったり、バザーなどに出したり、の予定

使っていないクレジットカード2社と、2金融機関の口座を閉じました
財布の中のポイントカードの類は捨てました(還元率と行く頻度の高いものを3枚残して)
復活した本たち
身の丈にあった 小ざっぱりと簡素な暮らしを心がけようと決めました
調子よく進んでいたはずでした





処分するはずだった本の半分くらいが 本棚に戻ってしまいました
本は処分が難しい…友達にあげるにも古い本は失礼なような気がして
さりとて捨てるには迷いがある 心残りな本たち (ほとんど料理本です)
「えぇい ままょ」と本棚に戻してしまい…    処分は追々考えます





『潔い簡素な暮らし』   これが これからの私の 指針 





126  ときめきの 在りし日遠く 色褪せり ありがとう言いつそっと括る


<今年のこと ① >

喪中欠礼と短歌と畑仕事と

2011の年賀状
『今年は両親に学ぶ年』 父に短歌を 母に農業を

昨年、急に両親の老いが目立つようになったと感じました
短歌を父について勉強したいと思うようになったのは40代前半
きっかけがつかめないまま月日が過ぎていくので
年賀状に書いて 今年こそ始めよう…と思っていました

年が明けてすぐ 父が思いがけず貧血で緊急入院した時
急がなければ…と焦りました
そして退院した父に慌てて作った三句を見せました
良いともダメとも言われませんでしたが
「意味は重複しない方がいい。字数は大切。字余りは良くない。字足らずは更に良くない。」
「批評が載ってる短歌集を参考にすると良い。」
「とにかく毎日つくりなさい。ひと月もすれば何かが見え始めるから。」
というアドバイスをくれました


2月に再び 持病でもない原因不明の重度の肺炎で倒れ
意識が戻らぬまま 1週間後 父は帰らぬ人になりました
父の短歌集
『稲涙(とうるい)』  父が古希の記念に出した自分史歌集

父に言われた通り、出来るだけ毎日短歌を作るようにしました
ブログには必ず一句載せると決めました
意識のない父の枕もとで、作った句を声に出して読みました
きっと聞こえたと信じています  たぶん苦笑いをしていたんじゃないかな?


残された母が心配で、畑仕事は何が何でも頑張ろう!!と決めました
畑の野菜サラダ
畑で採れたミズナとサニーレタスの『ベビーリーフサラダ』


「鍬も持ったことがないのに出来るわけない」
「福岡市内から通って来るのは時間もかかって大変だから無理よ」
と、さんざん反対した母でしたが思いのほか私が頑張るので
弱くなった体を酷使しながら付き合ってくれました

母の農作業語録を書き留めたい…そう思ったのも40代前半のことです
あの頃始めていたら、もう10数年経験を積んでいることでした

でも、私の始めるタイミングは今年だったのだと思います



『稲涙』から 父が私のことを詠んだ歌を

たちまちにいそいそとせるみどり児に妻はいつまでも哺乳壜を振る
子の着物干し並べたる庭の向う枇杷の新葉の残らず白し

一人座敷に移されしサエコひっそりし助産婦の声ひそひそ聞こゆ (弟が生まれた日)

晴れ着の娘(こ)楚々たり妻の逞しき饒舌ありかかる元日がある
拗ね合いていし妻と娘(こ)がいつの間に帯出してきていきいき話す

娘(こ)の嫁ぐ日を定め置きて人ら帰り妻は片付けつつ泪(なみだ)ぐむ
わが机除けて華やかに嫁ぐ娘(こ)の調度並べり幾日かなし
なり果てし花嫁人形の娘(こ)の前に言うべき言葉ある筈がなし
とびつきしサエコの頃の汚れなど捨てて人形がああ嫁ぎゆく
披露宴の遠き正座に娘(こ)は映えて今更小さき妻はわが側
嫁ぎゆきし娘(こ)と別れ帰り来てもの言わぬ妻にぽつりと言えり

産み終えし児を泪目に見つつ笑むサエコにやさしく母は始まる  (私が長男を産んだとき)



先月末に喪中欠礼のハガキを発送しました

< 我が家のクリスマス >

12月が寒さを連れて 始まりました

12月1日 静かに点灯式   去年はこんな感じ   
リビングから眺める



シルバーに赤を足してキュートなイメージに  
昼間のツリー



玄関にドアリースを飾り ヒイラギの鉢を置きました
玄関



大きめに作り カラスウリなど オレンジ色と 白をメインに
玄関のリース



玄関を入ってすぐに お出迎え  ツリーやぬいぐるみたち
玄関を入って



玄関のチェストにはクリスマスの本を
クリスマスの本



リビングダイニングの一部
リビング



少しずつ集めてきました  赤いハウス型のキャンドルは今年のParis旅行で買ったもの
小さなものたち



リビングのリースはブルーをメインカラーに
リビングのリース



穏やかに日が流れて行きますように…



125  寒気連れ 師走の月が 始まれり きらめく灯りに 平和を祈らむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。